この町のどこかで。

2016.08.06 (Sat)
いつかは1


    あなたは、いつも。

    太陽をめざし
    がむしゃらに、
    走っていた。

    わたしは、いつも。

    その姿を見ている
    だけで、何もでき
    なかった。

    あなたは、この町
    を訪れるたびに。

    ここはいいよな、と
    呟いていた。

    わたしは、何もないよと。

    応えていた。

    あなたは。

    いつも、この町で、
    穏やかな顔をしていた。




いつかは2


     夏の時期に、あなたは。
 
     少しの間だけ、
     休息するため、
     この町へと
     訪れてくれた。

     わたしは、ただ。

     あなたの本当に、
     帰れる場所
     になりたくて。

     ただ、それだけ
     を望み、訪れて
     くれるのを、
     待っていた。

     何もない、この町で。

     自然がある、青空を見て。

     あなたが、穏やかに笑う、
     その姿を見ているだけで。

     満足してしまっていた。

     あなたは、もう、この町に
     訪れてはくれなくなった。

     わたしは、まだ、どうして
     こうなったのか、わからない
     でいるけれど。

     いつか、理解できる日が、
     訪れるのかな。

     たとえば。

     この町を離れることに、
     なった時とかに。

     あなたが、あんなにも、
     穏やかに笑っている
     理由が。

     いつか、理解できるかな。

     あなたの笑顔だけが、
     夏になると、思い浮かぶ。

     この町のどこかに。

     あなたの姿が見える気がして。




※ コメント、閉じます。

励みになるので、よかったら、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://rupuria.blog.fc2.com/tb.php/819-6cd1d273
トラックバック
back-to-top