広瀬川、灯ろう流し その2 灯篭編

とうろう5


   灯ろう流し編です。

   デジカメ、新しくしたばかりなので。
   ピンボケもありますが、ご了承ください。

   このように、灯篭は、川を流れていきます。



とうろう4



   夜の灯ろう流しを、橋から見る人も、
   流して、願いをかける人もいます。



とうろう3


   ピンボケ写真です(苦笑)

   これしかまともなものがありませんでした。

   5時過ぎから、灯ろう流しに行きましたので。
   明るいうちから、見ることもできます。



とうろう2


   灯篭が流れているのを、見ていると。

   さまざまなことを思います。


   灯ろう流しのはじまり、由来です。


宝暦・天明・天保の時代・・・数度に亘る冷害や大凶作によって、仙台・伊達藩を含む東北では数十万人が飢餓で亡くなりました。伊達藩のみならず藩外からも多くの人が食を求め、この広瀬川付近に集まりました。そこで、伊達藩では広瀬橋近くに救助小屋を設け、「かゆ」を振舞うなどのできる限りの施策を取りました。しかし、数拾万人とも伝えられるほどの多くの人がそこで衰弱し、最期を迎えました。
この様な非業な死を遂げた人々を供養するため、「伊達家第七代 重村公夫人」の観心院が広瀬橋のたもとに桃源院を開基し、灯ろう流しを始めたと伝えられています。以来、盂蘭盆7月16日に”川施餓鬼”を修行する慣例に従い、毎年灯ろう流しが続けられてきました。
その後、平成になってから。
「夏のにぎわいを取り戻そう!」と市民が立ち上がり、平成2年に復活を遂げました。自分たちの地元のイベント、歴史や由緒のあるこの行事を私達の伝統にしていきたいという思いから、長町、南材地区の商店会、町内会が中心となり、復活致しました。現在の送り盆にあわせ毎年8月20日に開催しています。



   広瀬川の場合です。
   灯篭流しの由来は、数々の地域に
   より、違うと思います。

   次回、花火編で、終わりになります。
   もう少し、おつきあいくださいませ。





励みになるので、よかったら、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comment

こんにちは。
夏のにぎわいを取り戻そう!
灯籠流しも色んな思いがありますね。
夏の風物詩「灯籠流し」風情がありますね。

ピンボケも愛嬌かと・・・。雰囲気が伝われば写真はOKといつも思っています。
  • 2015/08/23 20:48
  • S-masa
  • URL
No title
思いや言葉 灯篭に込めて流す
賑やかさの裏側にある悲しみも流していくんですね
おはようございます!
rupuriaさん、おはようございます!
へ~っ!こんな形の灯ろうなんですか♪
背が少し低い感じがしますが、かえってひっくり返らなくていいかもですね!
願いを込めたたくさんの灯ろうがゆっくり流れていく様は
いつまで見ていても飽きないですね♪
過ぎていく夏を感じます。
花の撮影のときはピンボケにしないでね 笑)
  • 2015/08/24 05:20
  • makira
  • URL
  • Edit
No title
るっちゃん こんにちは♪

新しいカメラの使い始めは、私もピント合わせが上手く出来なくて
悩んだものだけど、使ってるうちに慣れて来ると思うよ(*^^)v

灯篭流し色んな想いを乗せて、流れていくんですね

ぼんやりと浮かぶその灯篭も、良い雰囲気が出てるかもね
  • 2015/08/24 15:47
  • mama
  • URL
  • Edit
S-masa 様へ
v-344S-masa さん、こんばんは。

賑わいを、取り戻す、という
ことは、とっても大事なこと
なのだなぁ、と思います。

広瀬川、灯ろう流しの平成
での開催理由は、その後、
震災後にも影響しております。

そんな行事を大事にしていき
たいと思います。

ピンボケは、まだまだ慣れずに、
すいません(苦笑)
愛橋、と言ってくれて、ありがとう
ございます。

まだまだ勉強、頑張ります。
コメント、ありがとうございます。
  • 2015/08/24 19:13
  • rupuria
  • URL
K's 様へ
v-344K's さん、こんばんは。

いつもコメント、ありがとうございます。

灯ろう流しの行事は、色々な思いが
あるものです。
その思いを、ずっと、大事にして
いけたら、続いていく行事の
意味もあるのかと思います。

  • 2015/08/24 19:16
  • rupuria
  • URL
makira様へ
v-344makiraさん、こんばんは。

灯ろう流し、雰囲気は伝わりました
でしょうか?
ゆっくり、灯ろうが、流れる様子を
見ている時は、色々な思いが浮かびます。
ピンボケは、しばらく勉強がカタチに
なるまで、続くことになると思います。
どうぞ、ご勘弁くださいませ(苦笑)

コメント、ありがとうございます。
  • 2015/08/24 19:20
  • rupuria
  • URL
mama様へ
v-344mamaさん、こんばんは。

新しいカメラだと、なかなか、
上手いこと行かないですねぇ。
毎日、奮闘しております(苦笑)

慰めていただき、ありがとうございます。

灯ろう流しの思いは、さまざまです。
その風景が、少しでも伝わればよいです。

ぼんやりになってしまいましたが。
良い雰囲気だと言ってくれる、mamaさん
に感謝します。

優しいコメント。
ありがとうございます。
  • 2015/08/24 19:22
  • rupuria
  • URL
灯篭流し
川に流す妄想的な行事祖先の霊を弔う
天明、天保この時代古くから続く行事とはね
お盆の特別な行事として色々の思い載せた
灯篭を流して供養をいつまでも続けてほしいですね。
新しいカメラで夜の雰囲気が良く出てますよ。
  • 2015/08/25 09:35
  • my.rei7
  • URL
  • Edit
my.rei7様へ、再び
v-344my.rei7さん、いつも
丁寧にありがとうございます。

この灯ろう流しは、ずいぶん前から
はじまっていたようです。

灯ろうを流し、供養をする。
この風習が、日本特有なもの
かなぁと思います。

慰め褒め、ありがとうございます(苦笑)
まだまだ、勉強不足です。
頑張って撮り続けます。

丁寧にコメント。
こちらにもいつもありがとうございます。
  • 2015/08/25 19:49
  • rupuria
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)