アリスの棘 感想 まとめ







アリスの棘を観ていました。
上野樹理さんは、のだめや、ラストフレンズ、映画などで
憑依型の女優さんだとは思っていまいたが、このアリスの棘も
まさに、主人公、水野明日美役を、見事に演じきっていました。
こんなに、演技の上手い女優さんは、なかなかいないと思います。
主人公、明日美は、手術中に死んだ父親が、医療ミスじゃないのかと疑い、
医師になった。
勤めはじめた聖林大学付属病院で、明日美の復讐劇がはじまる、という
なんとも、ドロドロとしたドラマになるのかな、と思いきや、明日美の
行動に、医師たちの思惑に、毎回、ドキドキ、ハラハラして観てました。
15年前、明日美に、酷い言葉を投げかけた、男、オダギリジョーさん
こと、西門優介さんは、だんだん、真実を知って、明日美の
味方になっていきます。
オダギリジョーさんの演技も、素晴らしく、他の俳優陣たちも、悪者
医者ぶりを、見事に、表現していました。
看護師、星野美羽こと、栗山千明さんも、いい演技をしていました。
次々と、悪い医者たちに、復讐していく明日美。
暴かれて行く、病院、医者の実態。
明日美が危機に陥ると、いつも、ハラハラしていました。
西門さんは、真実を知った後の、明日美への態度の変化、中村蒼さん
演じる磐台悠真さんの死、その担当患者の、峰岸健太君のこと、
明日美が、人と接するうちに、変化が訪れる様子。
どれもが、目の離せない展開で、とても面白かったです。
9話、磐台へのやり遂げた復讐はとても見事でした。
そして、最後は・・・。
君を裏切る、と言った西門さん。
國村準さんこと、有馬穀教授を、殺そうとして、
誰かが、殺してしまったらしい。
有馬には、もう一人の娘がいた。火事で亡くした。
妻は、有馬を、責めていた。
娘にそっくりの鈴をその娘の代わりに引き取った。
もしかして、その鈴の父親が犯人か?
そして現れたのは・・・・・やっぱり、義理の父親
中村梅省さんこと、水野和史でした。
やっぱり、そうだったんだねー、という感想でした。
そして、西門は、明日美を気絶させる。
その意味とは・・・?
西門は、薄々、水野和史が黒幕だと気付いていた。
妹を殺した人間、水野和史を、西門は・・・。
明日美が最後にいた教会で、始末すると。
和史は、明日美にすべてを話す。
最後には、笑顔を見せてほしいと。
教会に、現れた明日美。
たくさんの命を奪っておきながら、明日美を人殺しには
したくないと。
明日美は、もう、誰も失いたくないと。
最後に、和史は、警察に出頭した。
一度も笑顔を見せなかった明日美は、最後の最後に、笑顔を
見せて、和史を見送った。
そこで、復讐は、終わりを告げた。
うーん、最後は、ちょっと、予想していた展開でした。
9話までは、ドキドキ、ワクワクしていたんですけれど。
明日美は和史を殺さないと思ったし、黒幕は誰かも予想ついたし。
これから、明日美は、死んだ悠真の意志を受け継いで、父の意志を
受け継いで、医者の仕事を続けて行く。
それはいいことだけど、結局、誰も救われないですね。
西門も、明日美も・・・復讐された、人たちも。
でも、復讐劇は、こんなものですよね。
アリスの棘、面白かったです。

スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/06/15 18:34
さくらぱんさんへ。面白かったですよね。
写真じゃないのに、感想は拝見してくれて、ありがとうございます。
アリスの棘は、今回のドラマで一番、ハマりました。

助言のこと、了承しました。やってみますね。
ちょっと遅くなるかもしれませんが。

いつも訪問、ありがとうございます。
  • 2014/06/16 08:35
  • rupuria
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)