月日を重ねて

2015.04.09 (Thu)
eEz7ARzyg9dg5ys1428572992_1428573098.jpg


  今年も、見事に咲く桜。

  あなたは、いつもこの場所で、ずっとこの時期、
  いつまで経っても離れないのよね。

  「今年も見事だなぁ」

  そう言いながら、あなたは、空と桜を見上げたまま。
  そのうち、顔があがりっぱなしになるわよ。

  毎年、言っている台詞を告げてみる。


  「今年も見事だけど、桜も歳とったなぁ」

  あら、いやだ。
  わたしたちだって、同じくらい、歳を重ねているのに。

  あなたは、同じ台詞をまた今年も繰り返すのね。




EMO3JNQM5kRxnp21428572578_1428572691.jpg




  ほら、陽が落ちて、桜の色が変わったわよ。

  そう言っても、あなたは、ここから、動くことはない。
  仕方ないから、毎年、飽きるまでつきあってあげているけど。

  月日を重ねるごとに、わたしたちも、この桜も。
  時代の流れとともに、花色を変えていく。

  「おまえも、歳とったな」

  また、いつもの台詞だわ。
  あなただって同じじゃないの。

  月日を重ねるごとに、わたしたちはもう、
  シワだらけのおじいちゃん、おばあちゃんよ。


  ねぇ、もう帰りましょうよ。
  そう言うのは、陽が落ちる間際。

  「来年も、おまえと見れるかな」

  ぽつり、と呟いた、あなたは、少し、老け過ぎたわね。
  わたしだって、同じだけれど。

  月日を重ねるごとに、この桜も、同じ色は見せない。
  だから、毎年あなたは、わたしを同じ日に、ここに
  連れてくるのよね。



4wvQz5ensWO4ToP1428573176_1428573267.jpg




  すっかり陽が沈み、ようやく、あなたは、佇んていた
  場所から、離れはじめた。

  月日を重ね、わたしたちと時を重ねる、同じ場所で、
  同じように、季節を巡る桜。

  きっと、あなたと来年も見れるわ。

  だから、帰りましょう。

  夕陽が、落ちて夜になってしまうわよ。

  毎年同じ繰り返される言葉は。
  来年も、きっと・・・・・。


  あなたと並んで、わたしたちは、来年の桜を思い、
  来年のわたしたちの月日の重ねる日々を、
  また、花開くまで、過ごすでしょう。

  帰り道を歩き、あなたとわたしは、
  いつも同じ月日を、重ねていく。







励みになるので、よかったら、応援お願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

トラックバックURL
http://rupuria.blog.fc2.com/tb.php/469-baaf8c85
トラックバック
コメント
仲良しご夫妻の、お花見ですね(*^_^*)
毎年、同じように桜を見続けていくって良いですね♪
穏やかに時が流れていく感じが、とっても素敵です☆
mama | 2015.04.09 19:53 | 編集
こんばんは☆
綺麗なしだれ桜だね~^^
そういえば今年、しだれ桜見てないなぁ…
rupuriaさんの地域でも
桜が花開いて春がきたねっ♪

毎年同じ景色を見ながら
同じことを感じて
一緒の時間を共有していける
そんな間柄憧れちゃいますっ☆

温かい男女の絆をありがと~^^

こあら | 2015.04.09 20:38 | 編集
こんばんは。
ご訪問、ありがとうです。

「満開の桜や 色づく山の紅葉を
 この先いったい何度 見ることになるだろう
 ひとつひとつ 人生の扉を開けては感じるその重さ
 ひとりひとり 愛する人たちのために生きてゆきたいよ」

と、竹内まりやさんの「人生の扉」の歌詞が思い浮かびました。
mihopapa | 2015.04.09 22:19 | 編集
作朝は薄っすらと雪が積もってました。
今日は幾分暖かいですが、ほんとHARDな三寒四温であります。
というか↑の三寒四温の使い方は正しくないです w

2枚目の桜、色合いが良いですね。
それこそ寒暖が同居したようなイメージを受けます。
M.Hermitage | 2015.04.09 22:33 | 編集
v-344mamaさん、おはようございます。

今回は、詩というよりも、文章になってしまいました。
これは、人から直接聞いたことであり、いつか、
同じ場所でしだれ桜が咲いたら、書いてみたい、
と思ったことでした。

mamaさんのいつも優しい言葉に、感謝です。
桜も、ずっと時代を巡っているのだなぁ、と
大きなこのしだれ桜を見て、実感しました。

rupuria | 2015.04.10 09:46 | 編集
v-344こあらさん、おはようございます。

しだれ桜、咲いてきたよー。
こあらさんは、見れなかったのね。
田舎だから、しだれ桜、あるんですよー(笑)

ソメイヨシノは、もうちょっとかなー。

こちらの地域にも、桜がやってきました。
この男女の絆は、本当に、人から聞いた
ことでした。

文章みたいになっちゃいました。

こんな絆は、憧れてしまいますねー。
男女の年老いても繋がる絆。
本当に、憧れますね。

こちらこそ、いつもありがとー。
コメント、ありがとうございます。

rupuria | 2015.04.10 09:49 | 編集
v-344mihopapa さん、おはようございます。

竹内まりあさんの、その歌詞はよいですねー。
聞いたことないので、聞いてみますね。

これは、人から聞いた、本当のことで。
つい、詩というよりも、文章になって
しまいました。

詩文だと、短いとダメですよねー。
ご覧になってくれて、ありがとうございます。

しだれ桜の時期がやってくると、ソメイヨシノも
咲くかと思われます。

コメント、ありがとうございました。
rupuria | 2015.04.10 09:51 | 編集
v-344M.Hermitage さん、おはようございます。

そちらは雪でしたかー。
こちらは、雪は降りませんでしたが、
晴れても寒かったですよ。

三寒四温と、よくいいますねー。
そんな季節ですね。

二枚目の写真を、褒めてくれてありがとうございます。
文章みたいになってしまいましたが。
そのように、ずっと眺めてみました。

何かを感じてくれて、嬉しいです。
コメント、ありがとうございました。
rupuria | 2015.04.10 09:54 | 編集
こんにちは^^

見事な桜とともに
素敵なストーリーを見られて
とても感激しています*^^*

こんな風に
年を重ねていけたらいいのになあ・・・って思います。

(夕暮れの桜に・・・心奪われてしまいました。
涙でそう(;;))
紫苑(シオン) | 2015.04.10 10:44 | 編集
来年もきっとこのさくらの下で、同じ台詞を言うのでしょうね。
来年も、再来年も、長く!長く!何時までも。
微笑ましいですね。
S-masa | 2015.04.10 14:12 | 編集
v-344紫苑さん、こんばんは。

たくさん、褒めていただいて、
ありがとうございます。

紫苑さんの感激した、という言葉、
涙でそう、という言葉。

つたない、わたしのやっていることが、
誰かに、こうして、感じてもらえる
ことに、わたしも涙が出そうです。

本当に、ありがとうございます。
今回は、文章みたくなってしまいました。

実際のモデル夫婦がいます。
その方々のいた場所に、行って
同じように、陽が落ちるまで、
ずっと待ってみました。

こんな月日の重ね方をしてみたいですね。

紫苑さんの心からのコメント、
本当に、感謝します。
ありがとうございます。
rupuria | 2015.04.10 17:51 | 編集
v-344S-masa さん、こんばんは。

ずっと同じ季節に、同じ場所に咲く、
しだれ桜を、こんなふうに、見ている
ご夫婦がいらっしゃいました。

S-masaさんがおっしゃるように。
同じように、違う場所でも、
こんなステキなご夫婦たちが、
そんな風に月日を重ねているの
かなぁ、と思いました。

コメント、ありがとうございました。
rupuria | 2015.04.10 17:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top