マッサン 感想 第146話 「人生は冒険旅行」






俊夫さんとハナさんが広島
に行ってから、12年経った。

政春が、いつか造る、と
言っていた「スーパー
ドウカ」も発売され、
商品も売れ、政春
の会社は安定していた。

悟は大学を卒業し、政春と
エリーの養子となった。

その後、悟はワカコさんと
いう女性と結婚した。

男の子と女の子
の子供にも恵まれた。

エリーは写真に写っている、
政志さん、早苗さん、そして
クマさんに挨拶をする。

悟は、ウイスキー造りを
本格的に学び、立派に、
政春の後継者として、
政春と一緒に仕事していた。

エリーは、孫たちと一緒に、
オルガンを弾きながら、
英語の曲を歌う。

孫たちが次も、とせかし、
悟の妻、ワカコさんが
すいません、と言うが、
エリーはワカコさんと
一緒に孫と次の曲を
歌いはじめた。

エマは、留学後、ロンドン
の出版社で働いていた。

エリーの元に、エマが
三年ぶりに帰ってくると
いう手紙を読む。

エリーはそのことに喜んだ。

政春とエリーは、エマを
待ちきれなくて、雪が積る
余市を歩き、迎えに行く。

エマは、お父さん、お母さん、
と手を振って、元気な姿で
やってきた。

エマは、紹介したい人がいる、
と後からやってきた外国人、
マイクを連れてきた。

突然連れてきた男性に、
政春は、急に、エマとの
再会の喜びが沈んだ。

自宅で、エマたちと話す
エリーと、政春。

マイクは、日本にも行った
ことがある、カメラマン
だった。

マイクの写真を、エリー
と見る政春。

エマは、マイクとは二年前
から一緒に暮らしはじめた、
と両親に告げた。

政春はそのことにムッツリと
し、まずは結婚が先だろうと、
マイクを見もせずに言う。

エマは、今はお互い忙しく、
やりたいことが多いため、
この関係がベストだと言う。

そのことに政春は反対し、
まずは、お互いの両親に
会って、結婚をするべき
だと再度、主張した。

エマは、結婚なんて、紙
キレ一枚のことでしょうと言う。

エマは、マイクは、今、人生
の岐路に立たされていると言う。

このまま会社のカメラマンに
なるか、フリーランスのカメ
ラマンになるか。

そのことで、政春たちの
馴れ初めをマイクに聞かせて
欲しい、とエマは言った。

お父さんの苦労話しとか
聞けば、マイクも色々参考
になるとエマ。

政春は、見ず知らずの人に
そんなことを教える気はない
とそっけなく言う。

マイクは、英語で、お願い
します、と言った。

エマは、エリーと政春は、
スコットランドで出会った
んだよね、と言う。

エリーは、そのことに、
頷いて、昔を回想した。

エリーの妹、ヘレンと
知り合った政春が、
自宅でのパーティーに
招かれ、エリーと出会
ったこと。

運命だと言われる、ケーキ
に入っていた、6ペンズ銀貨
を政春が食べたこと。

そのことを回想していると、
エマは、結婚式は挙げた
のか、と聞く。

政春は、それは、と言葉を
濁すと、エリーは、スコット
ランドで挙げた、と言う。

しかし、それは書類で、
サインしただけだった。

その後、早苗さんの死に際
に、エリーが、千加子さんが
挙式で着た着物を、早苗さん
に見せただけだった。

お父さんだって、人のことを
言えないではないか、とエマ。

結婚式をあげたらどうか、
と言うエマに、マイクも
賛成する。

しかし、エリーと政春は、
今更、と言い、政春たち
のことよりも、エマのこと
だ、と言った。

エリーは、そんな政春に、
せっかく会ったのだから、
落ち着いて話そうと言い、
ポットを持って、台所に行く。

政春たちが、話している時、
エリーは、台所の前で、
ポットを落とし、座りこんだ。

駆け寄る政春と、エマたち。

いつもの貧血か、と言う、
政春に、大丈夫、とエリー
が言う。

エマは、いつもなのか、
大丈夫なのか、と心配する。

エリーは再度、大丈夫と言い、
ポットを片付ける、と言うと、
エマがやるから、と言う。

政春は、心配げに、エリー
を支えたのだった。






時代がずいぶん、飛んでしまいました。

その間のことを、見たかったのですが。
もう、政春の会社は成功したので、
ドラマでは、見せる必要はないと
思ったのでしょうかね。

早苗さんはさておき、政志さん、
クマさんまで亡くなっておりました。

時代を考えれば、当然のこと
ですが、最後に、クマさんは
また出て欲しかったです。

こうなると、鴨居さんも
無理ですねー。

キャサリンは今後、出て
くるのでしょうか、多分、
年老いた姿ではある
けれど、いると思います。

春さんたちも見れないかも
しれないですね。

悟君は、史実通りに、結婚し、
孫もいました。

悟君は、やはり、養子に
なったようですね。

政春の後継者として、
立派に仕事をしています。

ワカコさんは、エリーとは
良い関係のようですね。

孫と一緒に英語を歌う
エリーは、とても幸せ
そうに見えました。

エマは、外国人の男性、
マイクを連れてきてしまい、
せっかくの三年ぶりの
再会が、政春にとっては
最悪なことに。

政春は、朝イチの冒頭で
言っていたように、マイクの
顔を見ようともしませんでした(笑)

典型的な、お父さんになってます。

今回の話しでは、結婚式を
挙げてない政春とエリーの
ことのお話しですが、そのなか
で、早苗さんのことがなかった
ので、こちらでくっつけました。

確かに、エリーは、千加子さん
がお嫁にいった時に、着た
着物姿を、早苗さんに見せた
だけで、結婚式はしてません。

エマは、今更結婚式など、と
言う両親に、エリーは、結婚式
の衣装を着てもきっとキレイだ
と言います。

その通りだと思いましたね。

エリーは、政春よりは老けて
ないような姿になっており、
しかし、メガネをかけた
エリーは、史実のリタさん
によく似ておりました。

エリーが倒れてしまい、
とうとう、命のカウント
ダウンがはじまって
しまいます。

政春の、心情がとても
心配ですね。

史実でわかっているとは
いえ、政春のエリーに
対する想いは、本当に、
素晴らしいと思います。

そんなエリーを失うこと
になってしまう政春は、
どうなってしまうのでしょう。

悲しい限りですが、最後まで
エリーの冒険旅行を見ようと
思います。

金曜日は、玉山さん、
シャーロットさんが、朝イチ
ゲストで出るようです。

それも楽しみですね。

余談ですが、30日では、
別局、フジに、「スマスマ」で
シャーロットさんが出ます。

そちらも注目です。








感想、気に入ってくれたらどちらかにポチっとしてくれると嬉しいです。


にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村


朝ドラ ブログランキングへ





スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)