花子とアン感想 卒業


 ハナは、卒業式で、ブラックバーン校長の通訳を見事に努めました。
 筋書きは違うけれど、幼馴染の朝市君のおかげで地元、甲府で教師を
 することになって、ひと安心。
 ここからが、史実と同じになるのかなぁ、と思ってます。

 茂木先生、富田先生、ブラックバーン校長、そして何よりも白鳥様!

 温かく、ハナを送り出してくれたことに、感激しました。

 白鳥様が同じ出身だったなんて・・・なんていうサプライズ感動★

 もう、白鳥様演じる春菜さんを見れないなんて、残念。

 それにしても、なぜ、醍醐さんが、代わりに出版社に・・・??
 なぜ、突然、婚約破棄を???

 そこだけが、どうも納得できませんでした。

 カヨを演じる黒木華さんは、とても好演していますね、なんでも、何かの表彰をもらっているとか。
 詳しくは知らないですけど、花子とアンがはじまる前から、注目されていたようです。
 
 村岡花子さんおおかげで、大好きな赤毛のアンに、巡り合えました。
 このドラマを、ずっと、最後まで見守りたいです。

 朝市君は、前回の「ごちそうさん」のゲンちゃんみたいになるのかなぁ?
 いつだか、ドラマの後の、番組でもコメント述べてましたね。

 先が楽しくなるドラマなんて、久しぶり!
 来週も、楽しみー。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)