マッサン 感想 第111話 「万事休す」







政春が、はじめて造った
ウイスキーで勝負したい、
このウイスキーを飲んで
くださいと、ウイスキーを
ふたりに出す。

野々村さんは、
そのウイスキーを飲む。

フレイバーが少しきついですね、
と野々村さん。

しかし、渡さんは、飲まないと
言い、飲んでころっとこのことを
許してしまったらダメだと。

そんな頑固な渡さんに、エリー
は、「おもてなし」をさせて
くださいと言う。

おもてなし?と聞き返す渡さん
に、料理を作りますと、エリー。

そこで、エマが帰ってきた。

野々村さんには会ったこと
あるらしいエマは、久しぶりの
再会に喜ぶ。

野々村さんは、すっかりお姉さんに
なって、と言うと、幸子ちゃんたちは
元気ですか?とエマ。

幸子ちゃんは、お嫁に行ったらしい。

そんな会話していると、エマに
挨拶、とエリー。

エマは、渡さんたちに、挨拶をする。

そして、庭で捕れた野菜などを、
エマは取ってくる。

その様子を、食堂で、心配げに
見るハナさん。

食事をしている従業員たち。

女性たちは、俊夫さんから
聞いていたことを噂する。

ウイスキーを造っていること
を出資者に内緒にしていた
らしい、と。

この会社は大丈夫かと心配する。

おもてなしがはじまって、エリー
は、日本食を、ふたりに出す。

すべて、エリーが手作りした
日本食をすごいなぁ、と渡さん。

エリーは、にんじんも庭で
作りました、と言う。

この北海道での気候では、
難しいのでは、と野々村さん。

エリーは、この土地の環境
のなか、野菜を育てるのは
難しいけれど、丹精込めて
いると。

政春のウイスキーもそうやって
造ってきた、どうか、ウイスキー
の出荷を認めてくださいと。

政春も、渡さんにお願いする。

野々村さんは、ここまでウイスキー
を造ってしまったのだから、出荷
しないわけにはいかないのでは
ないかと、肯定的。

しかし、渡さんは、黙ったまま。

森野家で食事しているハナさん。

一馬はどうなるんだろうと心配する。

クマさんは、どうにかなると言う。

ハナさんは、俊夫さんが、工場が
なくなっても嫁をやめるのはやめて
くれと言ったと。

一馬は、亀山家から聞こえてくる
音楽に、しーっと言う。

エマは、エリーと一緒に、
スコットランドの民謡、
「アニーローリー」を歌った。

オルガンを弾くエリー、
歌うエマと一緒に、英語も
混ぜて、エリーは歌う。

その「アニーローリー」を
歌った後、渡さんに、もう
一度、お願いするエリー。

すると、クマさんがやってきた。

慌てて、ハナさん、一馬も来る。

クマさんに、なんだあんたは、と
渡さんは言う。

政春は、この土地を譲ってくれた
人だと紹介する。

クマさんは、政春が、この余市を
にしんや、リンゴだけじゃなく、
ウイスキーの里にしたいと言った。

その言葉を、信じて、クマさんは
ずっと待っている。

出資者たちも、政春を信じて
出資したのだろうと。

信じるということは、そういう
ことではないか、とクマさん。

ハナさん、一馬も、お願いします、
と頭を下げる。

渡さんはそんな様子を見て、
飲まずにいた、ウイスキーを飲む。

そして、わかった、と一言だけ
告げると、野々村さんに帰る
と言い去る。

野々村さんは、これから、他の事業を
辞めて、ウイスキーだけにするのには
相当な覚悟がいると。

それをわかっていますか?と聞く。

政春は、そんなことは、もうとっくに
覚悟していると真剣に頷いた。

野々村さんは、それに
納得したようだった。

エリーやエマのおもてなしで、
出荷を許された政春。

従業員を集め、政春は、
これからウイスキーで事業を
やっていくと告げる。

会社がなくならなくてよかった、
と女性たち。

ここまで来れたのは、余市の
人々の支えがあってこそ。

これから、ウイスキー事業だけ
にし、会社をやっていくと、
強い決意を告げた。

いよいよ、政春がはじめて
造ったウイスキーが出荷
されようとしていた。









野々村さんは、賛成するも、
渡さんは、頑なになっていました。

そう思うのは当然のことだと
思います。

出資者からすれば、嘘を
つかれ、政春は、ウイスキー
を造ってしまった。

それは、大きな信頼を
落とすことになります。

しかし、エリーはなんとか
認めてもらうために、
おもてなしをします。

おもてなし、という言葉は昔から
あったのでしょうか。

何か、ひっかかりますね。

あったのでしょうが、わざと台本に
入れて、流行した「おもてなし」を
台詞に入れた気がして違和感
がありました。

とはいえ、エリー、エマのおもて
なしと、クマさんの言葉。

それで渡さんの頑固な心が
変わりました。

エマは、野々村さんに会った
ことあるようですが、渡さんに
は会ったことはなさそうです。

奥さんたちはお元気ですか?
と聞いていたエマ。

あの幼かった幸子ちゃんが、
お嫁に行くまでになったんですね。

エマの言葉に応えた野々村さん
は幸せそうで何よりです。

クマさんは相変わらずよいことを
言いますね。

エリー、エマが歌った「アニー
ローリー」は、ちょっと調べて
みると、戦争で、未亡人や
孤児のために、慈善活動
として、多く歌われたとか。

戦争中でも、戦地にいる
兵隊などが口ずさみ、
故郷を思った、とされている
そうですね。

これから先を案じてこの曲
にしたのかもしれません。

エリーは相変わらず歌が
上手でしたが、エマもすごく
上手でした。

英語もエリーと合わせて
歌うところが素晴らしかったです。

エリーたちや、クマさんたち
により、はじめてのウイスキーの
出荷が許された政春。

これから、ウイスキーで事業を
することになりますが、どうなる
のでしょうか。

明日も楽しみです。










感想、気に入ってくれたらどちらかにポチっとしてくれると嬉しいです。


にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村


朝ドラ ブログランキングへ



スポンサーサイト

Comment

rupriaさん こんにちは~♪
今日も朝も昼も観ました(笑)
「ウイスキー」一本で工場が稼働するんですね。
良かったねえ~~!
今日は胸が熱くなって万歳しました(笑)

エリーさんすばらしい女性ですね。
困難は避けたい夫には支えられたい私ですので頭が下がりっぱなしです^^;
こんにちは。
コメントありがとうございました。
残念ながら「マッサン」は勤めの時間帯ですので見られません。
土曜の再放送も時間的に無理で、内容はまったくわからず申し訳ございません。

リンク依頼!ありがとうございます。
こちらも貼らせていただきます。
今後もよろしくお願いいたします。
ケイコ様へ
v-344ケイコさん、こんばんは。
今回のはよかったですよね。
アニーロリーの歌を、エマと歌う
エリー、とてもステキでしたよね。
ようやく、マッサンは、ウイスキー
作りに専念できますね。
私の頭も、エリーには下りっぱなし
ですねー(笑)
これからも一緒に楽しみましょう。
コメント、ありがとうございました。
  • 2015/02/11 18:44
  • rupuria
  • URL
S-masa様へ
v-344S-masaさん、こんばんは。

了承、さらにはこちらのリンクもして
くださり、感激です。
どうもありがとうございました。

こちらは「感想」もやっており、
朝ドラやっています。

写真の方は、田舎の空などが
主になり、花などがあります。

これから、どうぞ宜しくお願いします。
とっても嬉しかったです。
  • 2015/02/11 18:47
  • rupuria
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)