マッサン 感想 第99話 「負うた子に教えられる」




エリーは、エマが寝る前に、
どんなことがあっても、人を突き飛ばす
ような、怪我をさせてはいけないと言う。

タケシが悪いけど、それでもダメだと
言うと、エマは、タケシが悪いと言う。

タケシは、エリーのことをばかにした。
お母さんが外国人で、日本語をちゃんと
話せないのを真似した。

お母さんをばかにされ、悔しかった
と言った。

そんなエマに、エリーは涙ながら
にありがとうと、言う。

それでも、人に怪我をさせるのは
いけないことだ、とエリーが言うと、
エマは頷いた。

俊夫さんは、ハナさんと会話しよう
とすると、エマが、やってくる。

英語でおはようの挨拶をするエマ
はそのまま、学校へ。

ハナさんは、俊夫さんが変なこと
言ったから、おかしくなってきたと言う。

どういうことか、と聞く俊夫さんに、
ハナさんは、知らないとそっぽを向いた。

学校へ行くエマ、タケシは休んでいた。

エマの隣の席の子が、エマに酷いこと
をしたから、バチが当たったんだと言う。

作文の宿題をやったか、と言われ、エマ
はまだ書いていないと言った。

大阪では、リンゴジュースの売り上げ
について話し合いがはじまる。

投資家の、渡さんは、値段が高いと
言い、リンゴジュースというネーミング
も悪いと言う。

鴨居商店で、何を学んだのか、と
言い、宣伝も悪いと言う。

政春の奥さんが外人だから、ジュース
という言葉を考えたのかもしれないが、
リンゴ汁という名前に変えた方が馴染み
やすいと言った。

そして、そもそも、ウイスキーよりも、
リンゴジュースに投資したのだと言う。

リンゴジュースが売れなかったら
ウイスキーを造らせないと言い、渡さん
は帰っていく。

野々村さんは、お金持ちを対象にした
らどうか、と言い、自分も当たってみると
言ってくれた。

野々村さんの奥さんは政春のリンゴ
ジュースを毎日飲んでいると言った。

「こひのぼり」で佐渡工務店の人と、
話し合う政春、もう少し待ってください
と言う政春に、もう発注はしたと言う。

北海道に行くのを楽しみにしている
のに、という佐渡工務店の人物に、
政春は予定が変わってしまったと言う。

そこにいた、キャサリンや、「こひのぼり」
の人たちはどういうことだと聞く。

エリーに苦労させているのではないか、
エマは学校でいじめられてないかと
聞くキャサリン。

政春は、エリーは苦労しているが
なんとかやっていると、エマも大丈夫
だ、たぶん、と言う。

佐渡工務店の人は、こんなに政春
たちのことを心配してくれる人がいて
幸せだな、と言う。

キャサリンは、エリーとエマを心配
している、政春は違うと言った。

床屋では、クマさんが、タケシの事情を
三郎さんの奥さん、チエさんに聞かされる。

早いうちに、母親を亡くしていたらしい
タケシは、たまに学校を休んでまで、
畑仕事を手伝っているということだった。

そこに、エマと友達の子供が帰ってくる。
エマの友達、ヨシエちゃんは、中島夫婦の
子供だった。

エマは、どうして、自分とお母さんは
違うのかという疑問が大きくなっていた。

そろそろ、エマに養子だと話したら
どうか、とハナさんは言う。

一馬は、まだ早いと言い、中学とか
にならないと理解できないと言った。

エマは賢いから、理解するはずだと、
ハナさん、エマに嘘をつき続けるより
は言った方がいいと。

嘘ついているわけではないと一馬。

それに対し、クマさんは、子供は親
がいない子だっていると。

親は子供にご飯を食べさせ、子供は
親に感謝する。

それが当たり前の親子だ、エマは
どんな事情があるにせよ、エリーの
子に間違いがないと言う。

そんな言い合いをする、森野家に、
エリーはお礼を言い、政春が帰って
きたら相談すると言った。






クマさんは、いいことを言いますね。
親はどこまでも親、子は子。

なかには、親がいない子だって
いるなかで、エマは幸せに育ってます。

タケシには、事情があったようです。

昨日、里芋と書きましたが、芋だった
ようです、失礼しました。

タケシは、羨みもあったかもしれない
ですね、お母さんがお弁当を届けに
きてくれるエマに対して。

エマは、けなげに、お母さんは悪く
ないと、エマがからかわれたのに
言ってました、なんていい子なのか。

これも政春たちが愛情を持って
エマを育てているからでしょうね。

ヨシエちゃんが、中島夫妻の子だ
とは驚きです、きっと今後もエマ
との友情は続くのでしょうね。

朝イチでも言っていましたが、
養子であることを子供に言うシーン
は「花子とアン」でもありましたね。

なかなか、難しいところです。

ジュース、という言葉、今は普通
ですが、昔は汁、というのが一般的
だったようですね。

リンゴジュースは普通に今ある言葉。

政春のリンゴジュースが発祥だったの
でしょうかね。

鴨居商店は、新しいウイスキーを
造り、海外へと輸出をはじめたようです。

一方、リンゴジュースに困難している政春。

ウイスキーが造れるのはいつになる
でしょうか。

エマとの絆はどうなっていくのか。

明日も楽しみです。









感想、気に入ってくれたらどちらかにポチっとしてくれると嬉しいです。


にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村


朝ドラ ブログランキングへ



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)