マッサン 感想 第94話 「人間倒る処青山有り」




政春は、ここは確かに川に近い
けれど、まさかこの土地に工場
を建てるなど、考えもしなかったと言う。

何故、クマさんが裏切り者なのだ、
借金とは関係なさそうなのに、と
不思議がる政春。

政春は、進さんのところに話しを
聞きに行くことにした。

組合長である進さんは、政春
を見るなり、いい顔をしない。

政春が、そう簡単に引き下がれない
と言うと、ついて来いと、リンゴ畑が
ある場所へと連れて行く。

進さんとクマさんの奥さん
の両親も会津の武士だったようだ。

武士だったために、北海道の
余市に押しやられ、進さんの両親
は剣を畑を耕すクワに変え、必死
でこの土地で働いた。

しかし、せっかく育てたものは、
熊や猪などに食べられてしまう。

やがて、見たこともない、リンゴ
の苗木が配られた。

その苗木を必死で育て、この土地
に、リンゴ畑ができあがった。

進さんの父親はマメだらけ、
母親は、アカギレ。
それでもふたりは一生懸命
リンゴの畑を育てた。

そして、余市にいる人たちは、
土地を護ってきた、政春に
そんな覚悟があるのか、と
進さんは言う。

そのなかで、熊虎は、と言う
進さんだったが、言葉を濁す。

政春はその進さんの言葉に
応えることができなかった。

進さんは、一馬に話しがある
と言った。

エリーは、歴代に続く、森野家の
人々の写真を見ていた。

クマさんが、そこにやってくる。

クマさんの奥さん、シノさんの
写真を見ているエリーに、クマ
さんは、10年前に死んだと言った。

クマさんは、同じ会津出身の、シノ
さんの家族とともに、北海道の余市
にやってきたと言う。

しかし、進さんの両親とは違い、
クマさんの父親は、台風で、リンゴ
畑がダメになった途端、お酒に逃げ、
クマさんは毎日父親と喧嘩して、
余市を飛び出したとエリーに言う。

それから、青森で漁師になり、
転々として、にしんが捕れるように
なるまで帰って来なかった。

進さんが、裏切り者、とクマさんを
言ったのは、途中で逃げ出して、
余市を飛び出したからだった。

再び余市に戻ったクマさんは、
シノさんと再会して、家族の大反対
を押し切って結婚した。

シノさんを幸せにするために、
にしんを捕りまくって、親方になった。

しかし、今の大きな家を建てる前に、
シノさんは、流行病にて、この世を
去ってしまった。

この大きな家で、クマさんは、シノ
さんと笑って暮らすことを夢見て
いたのだった。

そんなことを涙ながらに語る
クマさんに、エリーはわかる、と言う。

シノさんは、とても、クマさんを
愛していたと。

その頃、政春は、自分の理想に
ピッタリな余市の土地を見つけた
ことを思い出す。

そして、進さんに言われた、
覚悟があるのか、という言葉を
身に染みて感じていたのだった。








今回はシリアスでしたね。

クマさんが、裏切り者だと言った
のは、余市を一度捨てて逃げた
からだったようです。

しかし、状況を考えれば、
仕方のないことですが、会津の
武士の魂が根付いている進さんの
一家としては、裏切り者だと言って
もおかしくはないでしょう。

会津から北海道に追いやられた
武士たちは、必死で畑を耕して
自然と戦ってきた。

それを、クマさんの父親は投げ出し、
クマさんもまた、余市から逃げ出した。

進さんたちの一家はそれでもめげ
なかったのだから、そう思われて
も仕方がないといえばないですね。

シノさんと、余市に戻ったクマさん
は再会して、シノさんは嫁に来て
くれたとクマさんは言っていました。

家族の反対を押し切ってまで、
クマさんに嫁いだシノさんは、
大きな家に暮らす前に、亡くなり、
さぞ、クマさんは無念だったでしょう。

だからこそ、家を手放したくない
ようですね、それがわかりました。

一馬君に話しがあると言ったまま
終った今回、進さんは一馬君に何
を言うのでしょうかね。

覚悟を政春は決めるのでしょうね。

エリーが言ったように、人生、と
いうものはひとそれぞれにあります。

政春だって、生半可では、余市に
来ないですよね。

クマさんと、進さんの仲はどうやら
シノさんとのことで悪いようです。

一馬君もシノさんが関わっていて
クマさんと仲が悪いようです。

このパターン、よくありますね、
野々村家や、英一郎とか。

母親が関わっている確執が
多い物語です。

明日はどうなるのか、視聴しましょう。







感想、気に入ってくれたらどちらかにポチっとしてくれると嬉しいです。


にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村


朝ドラ ブログランキングへ


スポンサーサイト

Comment

こんばんは!
rupuriaさん、こんばんは!
会津から来た人たちにとっては
まさに、書いて字の通り「一所懸命」な土地だったのですね!
  • 2015/01/23 01:32
  • makira
  • URL
  • Edit
makira様へ
v-344makiraさん、おはようございます。

マッサン、いよいよ面白くなりましたね。
会津から北海道に追いやられた人たちは、
懸命に、畑を耕して働いていたんですね。
会津の武士の魂を昨日は感じましたね。
これからも楽しみですね。
コメントありがとうございます。
  • 2015/01/23 08:45
  • rupuria
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)