受け継ぐ

忘れないよ4



沈む夕陽は、寂しくもある。
記憶にある、失ったものを
思い出す。

忘れないよ。

たとえ、あなたが、小さな命でも。

あたたかく、やわらかな家族みたいに、
側にいた日々のことを。




忘れないよ1




空の青さに、目を細める。

覚えているよ、小さな命で、家族の
一員として、あなたたちは、側にいて
くれたから、その側にいた時間はいつ
までも記憶に残る。




忘れないよ5



あなたと過ごした時間は、人にとっては
かけがえのない時間で、その時間は、
ずっときっと、いつまでも受け継いでいく。

だから、星になっても、空に還っても、
人々たちは小さな命を、受け継いでいく。




忘れないよ6



小さな、小さな動物の生命。

それは、人にとって、どんなに意味を
成すのか、あなたたちは、己を持って、
人に教えてくれたから。


忘れないよ。

その過ごした時間と、あなたたちの
命は、彼らにきちんと、受け継いでいくから。


どんなに小さくても、それはかけがえの
ない、あたたかでやわらかで、そして。

人に何かを受け継ぐ生命。





PS・ 家族の一員として、存在していた
    動物たちに捧ぐ。






励みにないるのでよかったら、応援お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

こんばんは!
rupuriaさん、こんばんは!
飼っていたワンコが死んでしまったことがあります!
本当に家族の一員でした!
死ぬ間際に力を振り絞って立ち上がり、私に頭を垂れ、
倒れて逝きました!

犬の十戒です
1.私の一生はだいたい10年から15年 あなたと離れるのが一番つらいことです
どうか 私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しい
2.あなたが私に何を求めているのか 私がそれを理解するまで待って欲しい
3.私を信頼して欲しい それが私の幸せなのだから
4.私を長い間叱ったり 罰として閉じ込めたりしないで欲しい
あなたには他にやる事があって 楽しみがあって 友達もいるかもしれない
でも 私にはあなたしかいないから
5.話しかけて欲しい 言葉は分からなくても あなたの声は届いているから
6.あなたがどんな風に私に接したか 
私はそれを全て覚えていることを知って欲しい
7.私を殴ったり いじめたりする前に覚えておいて欲しい
私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず
あなたを傷つけないと決めていることを
8.私が言うことを聞かないだとか 頑固だとか 
怠けているからといって叱る前に
私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい
もしかしたら食事に問題があるかもしれないし 
長い間日に照らされているかもしれない
それか もう体が老いて 弱ってきているのかもしれないと
9.私が年を取っても 私の世話をして欲しい
あなたもまた同じように年を取るのだから
10.最後のその時まで一緒にいて欲しい
言わないで欲しい
「もう見てはいられない」「私ここにいたくない」などと
あなたが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから
忘れないで下さい 私はあなたを愛しています
  • 2015/01/22 02:51
  • makira
  • URL
  • Edit
makira様へ
v-344makiraさん、おはようございます。

自分たちの家族のような一員である、
動物たちはさまざまなものを与えてくれます。
その気持ちを少しの言葉にしました。

犬の十戒は、知っていました。
本当に、心に残る言葉たちですよね。

私も家族の一員を失ったことが
遠い昔にありますが、それはいつまで
経っても忘れられないものです。

そうやって、人々は、動物の生命
を受け継いで、そのことを決して
忘れないことが、大切なのでは
ないかな、と思います。

コメント、ありがとうございました。
  • 2015/01/22 08:28
  • rupuria
  • URL
こんにちは~
読んでいて、いつの間にか引き込まれて、
私なりにいろんなことが蘇って来ますね。

我が家でも中犬のワンコを13年間飼ってました、
ホントに家族の一人でした。

仕事から帰り玄間の所で尻尾を振ってまつ慶びは
今でも忘れません。

会話はこそ出来ないものの飼い主は手に取るように
ワンコの気持ちが全て把握出来ました、

13年間の生命は私らには短く感じました、
犬の写真を見ては、この青空の様な明るかった
楽しい思い出を今でも語り継がれております。
  • 2015/01/22 11:25
  • my.rei7
  • URL
  • Edit
my.rei7 様へ
v-344my.rei7さんこんばんは。

どこの家でも、どこの場所でも、
動物を飼って失ったとしても
ずっと忘れられないのではないか
と思って書いたものでした。

少しでも何かを感じてくれれば
それだけでとても嬉しいです。

人と動物は、my.rei7さんが言う
ように言葉は話せないけど、
分かり合える存在だと思います。

そして、彼らの生きる証しが、
いつまで経っても人々に
受け継いでくれればいいと
強く願っています。

コメント、訪問いつも
ありがとうございます。

思い出してくれるだけで
嬉しかったです。
  • 2015/01/22 17:46
  • rupuria
  • URL
こんばんは
3枚目の辺りがとても印象的です
傾いていることによって起承転結の転な感じがします
濃い青が、その後の言葉と相まって空というか宇宙を思いました
itsuka_tsutaeru 様へ
v-344itsuka_tsutaeru さんこんばんは。

写真と言葉を意識して
載せたので、褒めてもら
えてとっても嬉しかったです。
どうもありがとうございます。

生命と空の存在を強調したく、
このような載せにしてみました。

それを感じとってもらい、
とっても感謝します。

コメント、ありがとうございました。
今後も宜しくお願いします。
  • 2015/01/22 20:38
  • rupuria
  • URL
rupuriaさん おはよ(^^)
ワンコのもぐちゃんとニャンコのくーちゃんと暮らした20年。
逝ってしまう日があることは分かってても本当に逝ってしまったら悲しくて寂しいです。
思わぬしぐさに笑わせてもらったりして癒されていました。
いつも居た場所、いつも寝ていた場所、そこにはもう居ないのに目が行きます。
あーだった、こうだったなあって心の中で生きています。




ケイコ様へ
v-344ケイコさん、おはようございます。

わんこのもぐちゃん、にゃんこの
くーちゃんは、ケイコさんのあたたか
な優しさに包まれながら、家族の一員
として、幸せに過ごしたことでしょう。

小さな生命は、きちんと家族たちに
受け継がれていくと思っています。

私はかなり昔に飼っていた動物たち
のことを、未だに忘れることありません。

人々にぬくもりと幸せをくれる生命
たちは、きっと空に還っても「幸せ
だった」と思うことを願います。

くーちゃん、もぐちゃん。
天国のお星様になって、ケイコさん
を見守っていると思います。

わざわざ、コメントありがとうございました。
  • 2015/01/24 08:40
  • rupuria
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)