マッサン 感想 第92話 「人間倒る処青山有り」





久しぶりに、熊野熊虎、
こと、クマさんに会う政春。

エリーとの馴れ初めを話した
政春に、クマさんは感心する。

クマさんは、エリーたちを
歓迎し、北海道に何をしに
来たのか、と聞く。

エリーはその前に、さっきの
人は誰かと日本語で尋ねる。

すると、クマさんは、驚き、日本語
を話せるのかと言うと、エリーは頷く。

政春は、さっきの人は、猟師のタケ
さんではないのかと聞くと、あいつは
辞めた、借金をしに来て追い返して
やったんだと言った。

怖いところを見せて悪かったと言い、
エマに愛想をふるまうクマさん。

エマは、子供じゃないと笑う。

その頃、そのタケさんは、クマさん
の義理の弟、リンゴ農家の組合長
である、西田進のところに行っていた。

床屋で髭を剃っていた進に、借金
の肩代わりをするように言うタケさん
という男。

床屋の男性が髭を剃るなか、進は、
その言葉に困っていた。

タケさんは誰かと異人がやってきた
と言った。

あれはまたよからぬことをたくらん
でいるのでは、と言う。

リンゴの収穫をしていた、クマさんの
娘さん、ハナさんと、息子さん、
一馬は、そのことを聞く。

政春は、ウイスキー工場
を北海道で造るということを話す。

そして、リンゴ汁を造り売って
時間がかかるウイスキーができる
までの資金に当てるから、土地と大工、
それからリンゴの農家の人を
紹介して欲しいとクマさんに頼む。

クマさんは、この余市は、開拓地で
先祖もなにもない夢の大地だと言う。

成功すれば、殿様になれる、
失敗すれば、丸裸になる、政春
もクマさんのように、
殿様になれ、と言い、政春は頷く。

クマさんは、大舟に乗ったつもりで
任せろと豪快に告げた。

にしん漁はしないのかと聞く政春
に、にしんは春だ、と言い、川には
白いにしんが群れをなし、まるで
米のとぎじるのように、川が白く
なると言い、それに感心する、
政春とエリー。

ハナさんたちが帰ってきた。

説明するクマさん、ハナさんは
後から「マッサン」だと言い、
息子の一馬はなんの愛想もなく
会釈するだけだった。

肉を用意して夜は宴会だと言う
クマさんに、一馬はどこに肉
なんかあるのだと愛想なく言う。

クマさんは気にせず、肉がなかった
ら豚肉だ、とハナに食事の支度を
せかした。

一馬は何も言うことなく、部屋に篭り、
カーテンまで閉める。

その様子を見るエリー。

ハナさんは、英語でエリーに挨拶をし、
そのことにエリーは喜ぶ。

これでも女学校を出ていると言う
クマさん、ハナさんは食事の支度を
しはじめた。

夜、一馬がいないまま、宴会がはじまる。

豪快に並ぶ料理、恐縮する政春だが、
ハナさんは余市の郷土料理を出し、
たくさん食べてくださいと言う。

一馬君は一緒に食べないのかと
聞く政春に、クマさんは、一馬の
ことは気にするな、勉強しすぎで
おかしくなっていると言う。

一馬は、部屋で本を開き、勉強
をしていた。

その夜、エリーはクマさんと一馬
は仲良くないと言う。

政春はそのようだが、今は、自分
たちがやるべきことをしようと言う。

明日、リンゴの組合長に会うと言う
と、エリーも一緒に行くと言った。





陽気に歓迎し、豪快なクマさん。

しかし、まわりの様子がおかしいです。

義理の弟、西田進さんは、蛍雪次郎
さんですね、それから、床屋は温水洋一
さんでした、まさかの温水さんです。

何やら、クマさんの方が借金している
様子ですね、数年で何かがあったの
でしょうね、大きな家は手放さない
とタケさん、という人物が言っていま
したので。

ということは、これからのだいたい
のことはもう予測できてしまいます。

土地や、大工、リンゴ農家の確保
に政春は苦労しそうです。

エリーは得意のおせっかいで、
一馬君とクマさんの仲をなんとか
しようとするのではないですかね。

一馬君と、クマさんには、鴨居さん、
英一郎みたいな確執がありそうですね。

ハナさんは、教師じゃなかったの
ですかねー、後からわかるのでしょうか。

しかも英語も喋れるなんて、やはり、
「花子とアン」ですね、ハナさんは。

俊夫さんは後から来るようです。

今のところ、姿は現していません。

温水さんが出ると面白いんですよね
何故かわかりませんが。

クマさんの義理の弟、進さんは、
亡くなっている様子のクマさんの
妻の弟ということになります。

何やら問題が色々ありそうですね。
政春は無事、工場を建てることが
できるのでしょうか。

エリーの得意のおせっかいが、
また動かしていくのでしょうね、きっと。

明日も視聴しましょう。





感想、気に入ってくれたらどちらかにポチっとしてくれると嬉しいです。


にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村


朝ドラ ブログランキングへ




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)