花子とアン 感想 「ハナ、見合いする」 5月31日


 見合いを断られたことに、やっぱり大騒ぎ。
 地主さんに、謝りに誰が行くか揉め、おとうが、
 直接行くことに。
 地主さんは、怒っていましたが、借金を自分で返すと
 言い切るおとうに、行商の商品を、渡しました。
 卒業式、タエからきた手紙を読むハナ。
 「ミミズの女王」を読んだこと、想像のツバサを広げ、
 頑張っていることを、生徒たちに伝えます。
 ハナに、最後の挨拶をする生徒たち。
 あっけないなぁ、と思っていると、生徒たちは、
 花を持って、次々と、プレゼント。ハナはそれを
 嬉しそうに、受け取ります。
 一方、吉太郎の、旅立ち。
 皆が見送るなか、おとうは、自分なんかいないほうが
 いいと、行商の準備をしをして、出て行く。
 吉太郎が、故郷を去ろうとする。
 おとうは、離れた場所から見守っていて、気付いた
 吉太郎に、頑張れ、と一言。
吉太郎は、おとうに、一礼して、去っていく。
 蓮子さんはというと、自分の詩に、批判する夫に、
 開き直り、本を出せば売れると。
 その売れるためにはお金を出してくれるんでしょうねと。
 夫は、自分の嫁が、本を売るなら金は惜しまないと。

 順番は逆ですが、そういうあらすじでした。

 今日は、おとうと、吉太郎のシーンが、よかったです。
 生徒たちと、ハナの最後の触れ合いも、ドラマならではで、
 いいシーンだと思いました。
 地主さん、やっぱりいい人ですね。
 フジに未練がありながらも、その夫を見捨てない。
 カンニング竹山さんの演技がよかったです。
 蓮子さま、すっかり開きなおってます。
伝助さんは、本を読めないから、蓮子さんが
本当は何をしたいのか、理解できないのでしょうね。
あの事件がはじまる予感がするシーン満載でした。

 そして来週は・・・やっぱりかぁ、という予告内容でした。
 蓮子さんは、女中頭との対立が見れそうです。
 朝市君、最後まで頑張れ。来週もまた、楽しみです。


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)