連続テレビ小説 花子とアン 感想今までのまとめ

花子とアン


ネタバレありの感想です
赤毛のアン、大好きなんです。ずっと愛読して今も時折読んでます。
その翻訳家、村岡花子さんが題材の朝ドラがはじまると聞いて、ワクワク、ドキドキでした。

村岡さんの史実をできるかぎり調べていたので、いざ、はじまると・・・・・。
やっぱり、朝ドラらしい脚本になるんですねぇ。違うところばかりが最初は目立ってました。

しかし、大丈夫か?と心配していた、吉高さんの演技、盟友になる仲間さんの演技に
引き込まれ、これでもいいか、と素直に観ることができるようになりました。

波乱万丈な人生だった、柳原白蓮は葉山連子、結婚して加納連子になってましたし、
朝ドラは実話に元づいたフィクションなので、気楽に、感動できればそれでいいんですよね。

来週からは、史実に近づくようなので、楽しみです。

白鳥さん役の、ハリセンボン、春菜さんの、いい味出している演技が楽しい。
女学校編は、今週で終わりなので、最後に出てきてくださいねー。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)