マッサン 感想 第31話 「情けは人のためにならず」





政春が会社を退職してから、二ヶ月。
政春は、何度か面接をしながら
働くけれど、どれも長続きしない。

夢を追いかける男ですからねー。
政春が会社を辞めても、ウイスキー
のことしか考えられないのでしょうね。

エリーは家計が苦しいながらも、
なんとか暮らしていたが、政春に
仕事がないせいで、家賃も滞納気味に。

窮地に陥っている、エリーと政春。
政春は、現実を見ながらも、やはり
他の仕事は上手くいかない様子。

エリーは働く、と政春に言うが、
日本で女子は家庭にいるものだ、
と言い、聞かない。

政春は、武士とか言っていますが、
状況がわかっていませんね。
確かに、大正時代、女性は家庭に
いるべきことが普通である日本、
でも、そんなことを気にしている状況
ではないと思うのですが。

政春は、新たな面接を受けるが、
また失敗する。

その場にいたキャサリンや、婦人
たちは呆れる。

キャサリンは、辛気臭い顔をしている
からだと、政春に言う。

キャサリンが紹介した仕事も上手く
いかず、紹介した面接もだめな
政春、そう言われても仕方がありません。

キャサリンや、婦人たちが、差し入れを
持ってやってきた、貧困している、
エリーに気をつかって食べ物を
エリーにあげると、「おおきに」と
大阪弁で、お礼を言うエリー。

おかしな日本語をまた、覚えて
いるようですねー。
たまに、大阪で、日本語を学んだ、
という外国人を見ますが、
やはり、大阪弁で、それがおかしいです。

キャサリンは、エリーにまたことわざ、
「情けは人のためにならず」という
言葉を教える。

今週の題名ですね。
キャサリンは、人に親切にすると、
後から自分に返ってくると説明
しました、エリーは、それに頷く。

しかし、根っからの日本人男性、
政春は、人から施しを受けるほど
困ってない、と言ってしまい、
キャサリンや婦人たちは、帰って
しまいまった。

やっちゃいましたね、政春のこういう
ところが、ちょっと、と思うのです。

朝ドラ、主人公の相手役として、
この役柄で今後大丈夫でしょうか?

やはり、エリーと喧嘩になります。
働く、とまた言うエリーに、男の
言うことは、女は黙って聞け、と
また、酷いことを言ってしまいました。

スコットランドでは、家族は助け
合っている、とエリーが反論すると、
ここは日本だ、と言います。

まったく何もわかってない政春。
エリーは、貧困状態でもなお、
政春を心配しているというのに、
政春は気持ちを理解していません。

エリーは、政春のことが理解できない
と言うと、それならば出ていけばいいと
また言ってはいけないことをエリーに
叫んでしまいました。

この人って、学ぶことを知らないのでしょうか。
あまりにも自分勝手なことにガッカリします。
しかし、ナレーションでは、エリーが外国人
として、働くことに対し、政春が心配
するあまり、そういうことを言った、と
述べています。

それでも、言い方というものがあります。
夫婦だとしても、このやり取りはおかしすぎです。

エリーは雨のなか、出て行こうとし、
政春はエリーを軒下で見つけ、
わかっているでしょう、行く場所なんか
ない、とエリーは言います。

政春は謝って抱きしめようとします
が、エリーは拒否。

それはそうです、いくら素直じゃない
とはいえ、言い方が酷い。

うーん、政春の魅力もなくなってきましたね。

とりあえず、家に戻ると、家主が、家賃の
催促に来てしまいました。

嘘でごまかそうとするエリーに、家主は
エリーは嘘が下手だね、と言い、
「マッサン」と呼びかけ、居留守を
使っていた政春は、もう少し待って
くださいと、頭を下げました。

家主は、家賃を、3日だけ待つ、
こんな甲斐性なしとは別れなさい、
とエリーに言い、去っていきます。

本当に、甲斐性なしですねー。
夢を追いかけながら、何かをしている
人だっているのに、政春は夢を
追いかけるだけしかできない男性に
なってしまっていますね。

どうする、という政春に、エリーは
やはり、自分が働く、と言いました。

そこで今回は終わりです。

やっと田中家の出番がなくなり、
おもしろおかしい、エリーと政春の
やり取りだけと、キャサリンや、
婦人たちだけになり、視聴
しやすくなっています。

しかし、政春の様子にまた苛々が(笑)
当時の日本男子は、不器用ですからね。
それは見逃して、エリーとのやり取りが
面白いので、政春は今後を見守ります。

エリーは、働きはじめるのですね、きっと。

史実のエリーがモデルとなっている
人物は、身体が弱かったようです。

エリー大丈夫でしょうか。
それが気になりますね。
予告でもありましたし。

鴨居さんは、ウイスキー造りに
本格的に動きだしてますね。

鴨居さんの存在は、やはり、
出るたびに、光りますね。

明日も視聴しましょう。








感想、気に入ってくれたらどちらかにポチっとしてくれると嬉しいです。


朝ドラ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comment

こんばんは!
rupuriaさん、こんばんは!
いわきフラワーセンターでたくさんの花が見れましたね!
カトレアはちょっと派手な感じがしますが、美しい花ですよね!
ピンクと白が見れたのですね♪
ピンクの名前の分からない花は「ブーゲンビリア」だと思います♪
ピンクの花びらのように見えるのは厳密には花びらではなく苞と言うものの色なんですよ♪
政春は典型的な昔の日本人気質そのものですね!
そんな政春の気持ちもわからなくはないのですが・・・
切羽詰っている時には、う~ん、どうでしょう?
  • 2014/11/04 03:54
  • makira
  • URL
  • Edit
makira様へ
makiraさん、おはよございます。
カトレアは、お花の王道だと聞いたこと
があって、どういうお花かな、と思ったら
香りもよく、花も大きくて、見とれていました。
薔薇も同じように、見とれました。
美しいお花は、おもわずうっとりしてしまいますね。
「ブーゲンビリア」教えてくれてありがとうございます。
キレイなピンク色のお花でした。
マッサンですが、ちょっと日本人特有とはいえ、
言い方に・・・な感じになってます(笑)
でも、そういう人こそ、後で大物になるのかな、
と思ったりして(笑)
「マッサン」が何を成し遂げるのか、見届けたいです。
ステキなコメント、ありがとうございました。
とっても嬉しかったです☆
  • 2014/11/04 07:58
  • rupuria
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)