花子とアン 感想 「ハナ、お見合いをする」 5月27日



  おとう、帰ってきました。
  何年も家をほったらかしにして、なんにも事情を
  知らないおとう。

  ハナが教師をしている学校にきて、おかあが
  怒ってないか、様子を探ってくれと頼む。

  家に帰ったハナは、なかなか、おとうが帰ってきたこと
  を、家族に話せない。
  
  すると、おとうは、校長先生に、ハナが見合いをしたと聞き
  驚き、家にすっとんでくる。

  家族は、全員、突然、やってきたおとうに、驚く。

  長男、吉太郎さんは、もう、おとうではないと言う。
  何も知らないで、のこのこよく帰ってこれたなと。

  カヨのこと、モモのこと、おじいやんのこと。
  今までの苦労のこと、ハナが家のために見合いを
  したことを話し、吉太郎はおとうを責める。

  おとうは、何も知らなかった自分に愕然とし、家族全員、涙する。
  

 という、あらすじでした。


 おとう、本当に、長男、吉太郎さんの言うとおりだよ。
 今まで何やってたの、風来坊すぎるよ。
 最初から、家は貧しいって、知っていたのに。

 まあ、それでも、おとうにも事情があったわけですが、
 吉太郎さんの言葉に、涙を流しました。

 長男として、軍に入りたいのにも関わらず、家を支えていた
 吉太郎さん。

 それに比べて、おとうは、やりたい放題、そりゃあ、怒るに決まってます。
 でも、やっぱり、カヨがいちばん、可哀そうだなぁ、と改めて思いました。

 私がもっとも感心したのは、やっぱりおじいやんの演技です。
 さすがです。石橋さんの演技ひとつ、言葉ひとつ、緊迫する空気のなかで、
 石橋さんの演技は際立っていました。

 役者さんは、すごいなぁ。
 吉太郎さん役の、賀来さんも素晴らしかったです。

 さて、明日はどうなるのか。
 ハナの見合いの行方は?

 おとうは、どうするのか?
 明日も楽しみです。

 それにしても、教師の緑川先生、嫌味ですね。
 嫌味な役どころをしっかりとこなしてます(笑)


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)