ドラマ マッサン 感想 第8回 「災い転じて福となす」




引き続き、8話の感想です。
連続で視聴するのは新鮮ですねぇ。

台風の中継が続き、お昼も待ってましたが
後から、サイトを見たら、明日連続放送します、と。

最初にテロップで出してほしかったです(笑)



大正、9年、政春は、会社の人たちに
エリーを紹介し、歓迎会が開かれました。

歓迎会で、ウイスキーの素晴らしさを語る政春。
そのスピーチを聞いていた社員さんから、
エリーもスピーチをしろと声が上がりました。

大阪の歓迎会、当時はすごいですね。
大盛り上がりです、そのなかで、外人のエリーが一人。

目立ちますね、皆が興味持っているのがわかります。

田中社長が英語で、と言うが、エリーは
日本語で話しはじめる。

日本のことを学び、皆と仲良くなりたいと挨拶する。

日本語喋れるじゃないか、と社員たち。
そのなか、田中社長の妻、佳代さんが田中社長に
合図をし、政春は、呼び出されます。

そこにいたのは、優子さんでした。
佳代さんは、どういうことだと、政春に詰め寄ります。
何のことかわからないで首をかしげる政春。

田中社長は、スコットランドに行く時、全部
任せると言った、それは娘、優子さんと結婚して
婿養子になることだ、と爆弾発言をしました。

全部任せる、だけで大正時代は通用してしまう
ものなのでしょうか?
この場合、田中社長の説明が足りないのが明白ですね。

当然、政春はウイスキーのことだけだと思ったと言います。
それはそうでしょう、婚約、というものは、言葉があってこそ。

そのことを告げないで、任せる、だけでは
理解不明になるのは仕方ないのでは?

いくら大正時代が、そういうものであっても、
田中社長の説明が足りないです、おかしいですね、
このストーリー展開は。

佳代さんは、不思議がる、エリーに、優子さんと
政春は婚約している、結婚の約束をしていると説明します。

それに驚くエリー、恋人でもないのに結婚?と
聞く様子にも文化の違いが。

政春は、日本はそういうものだと説明します。
しかし、あまりにもおかしいです、佳代さんからも
言えたはずではないでしょうか?

田中社長の任せるで婚約が整ってしまう
時代なのですか?
いくら大正とはいえ、あまりにもそれは
酷い、大正だからこそ、段取りが
あるはずですよね。

ずっと黙っていた優子さんは、去って行ってしまいます。
どうやら、政春に想いを寄せていたようです。

親に、婚約の話しを持ち出され、優子さんは
嬉しかったのでしょう、スコットランドに行った時
政春に、頑張って、と言う優子さんは笑顔でした。

優子さんは、相当なショックを受けてしまいます。
田中社長と佳代さんが悪いですね。

政春に全部任せた、とそれだけでは筋が通らないのでは?
いくら、それが、大正時代では当たり前でも、
婿養子に入る、ということを、政春に話してないですよね。

うーん、おかしいストーリーのせいで、
優子さんも、エリーもショックを受けてしまいましたよ。

歓迎会が開かれているなか、鴨居商店の、
鴨居欣次郎さんが、やってきました。

なんと、鴨居欣次郎さん役は、堤真一さんです。
驚きですねぇ、堤真一さんが、主役ではない
配役になるとは、しかし、気前がよい役柄に合ってます。

歓迎会に戻って来いと言われ、政春と、エリーは
鴨居さんに会います。

鴨居さんは、エリーに、英語で挨拶。
すると、エリーは「アホ」と言ってしまいます。

大爆笑です、エリーは政春から「アホ」は大阪
で挨拶みたいなものだ、と言うからですよ。

こういうやり取りが面白いです、やはり。
そんなエリーに最初驚く鴨居さんですが、
エリーを大歓迎して、抱きしめてしまいます。

それを続ける鴨居さんに、嫉妬したのか(笑)
必死に引き離す政春。

その様子もおかしですね、8話は面白い。

政春は、優子さんや、佳代さんに謝ると
言います、それは何故?と聞くエリー。

勘違いで、迷惑をかけたからだと政春。
ふたりで、暮らそうと、政春はエリーに言います。

そして、ウイスキーを造ってみせると張り切る
政春を嬉しそうに見るエリー。

そこで、8話は終わりですね。


2話続けてみた朝ドラははじめてです(笑)
台風の影響で、2話連続放送なんて、
なかなかないですよね。

それもなんだか新鮮でした。
そして、鴨居さんが、政春とエリーに大きな
影響を及ぼすようです。

優子さんは、エリーに何を言うか、
もうわかってしまいますね。

優子さんからしてみれば、突然現れた
外国人のエリー、納得できるはずがないですね。

これも田中社長の説明不足のせいです。
この後、優子さんの行動で、エリーが傷ついて
しまうのが嫌ですね。

すっかり、エリーを応援したくなっている心境です。
このまま、視聴を続けて、エリーを応援したいと思います。








感想、気に入ってくれたらどちらかにポチっとしてくれると嬉しいです。


朝ドラ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)