ドラマ マッサン 感想 第7回 「災い転じて福となす」




台風のため、昨日は見れなかったので、
連続感想です。

BSも映りませんでした。
映った場所もあったらしいですね、羨ましいです。

今週の題名は「災い転じて福となす」
そうなるのでしょうか。

大阪に会社がある、政春は、エリーを
連れて、広島から出ていきます。

皆がいる場所で、長い間ありがとうございます
と言う政春、早苗さんは、無言で去って行きました。

お涙頂戴みたいに、エリーをスコットランドに
帰したかった早苗さんの思惑ははずれましたね。

愛するふたりには叶わないようです。

早苗さんを見送るエリー。
政春の父、正志さんは、ウイスキーを
造るまで、家の敷居を跨がせない、と激励する。

正志さんは、賛成してますね。
早苗さんの先週の最後は、まだ許せません。

汽車に乗ろうとする政春とエリーに、
妹のすみれさんが追いかけてきました。

そして、箸を渡します。
それは、早苗さんからだ、頑張って
ね、とすみれさん、エリーは、汽車の
なかで、早苗さんからの宿題だと言います。

エリーはあんなことを言われても前向きですね。
普通なら、早苗さんと口も利きたくないと思いますが。
最後に、早苗さんに、頑張るとエリーは言いましたね。

そこらへんが、エリーの凄いところだと思います。
愛の力で、めげないエリー、素晴らしい。

汽車のなかで、政春さん、と言い続けるエリー
ですが、言いにくいから、「マッサン」と呼ぶと
政春はそれを承諾します。

これが、「マッサン」の由来ですね。
エリーが付けたあだ名、その名が、やがて、日本に
広まるのでしょうか。

大阪の賑わいに驚くエリー。
広島と全く違うだろうと、政春。

まいどおおきにとは何と聞くエリー。
ありがとうという意味だと説明する政春。

政春に、エリーは「まいどおおきに」と言う。
かわいらしいですね、その言い方が。
そして、おう、と頷く政春も面白いです。

このドラマは、政春とエリーのやり取りが
面白くなってきています。

政春が勤めていた会社、住吉酒造に辿り
着く、その会社は、日本酒だけを造る会社では
ないようだった、そこで政春は、スコットランドへと
留学に行ったんですね。

住吉酒造の社長、田中大作さんが、政春に気づきます。

ここで新たなキャストですね。
田中大作さんは、なんと、何故か西川きよしさんでした(笑)

何故、西川きよしさんなのかわかりません。
しかし、政春を歓迎している様子に、社長という
派手さを出したいのかな、と思います。

社員たちが、次々とやってくる、そして、
田中社長の妻、田中佳代さんが来ました。

田中佳代さんは、夏樹陽子さんです。
夏樹陽子さんは、よい女優さんですよね。

皆で歓迎するなか、田中社長の娘、優子さんが
来ます、エリーはどこかで迷っている様子。

そして、エリーがやってきて、政春が嫁だと
紹介すると、全員が驚き、優子さんは何故か
ショックを受けて、走っていく。

優子さん役は、話題にもなっている相武紗季さんです。
いじわるな役をやるという話題の(笑)

どういうこと、と佳代さんは、田中社長に詰め寄ります。
田中社長は政春と話すといいます。
その理由が8話で明らかになります。

7話はここまでですね。
神社で、エリーが政春の真似をするところ
がかわいかったです。

箸を早苗さんが、エリーに預けたことは
よいですが、先週の最後はやはり納得できません。

最後に、早苗さんは、昔の写真を見ていました。
息子をそれなりに思っているだろうけれど。

息子を思うなら、あのやり方は、反則ですね。
早苗さんたちの出番が終わり、大阪編に突入しました。
さて、今週はどんな苦難がエリーに待ち受けている
のでしょうかねぇ。

引き続き、連続投稿します。







感想、気に入ってくれたらどちらかにポチっとしてくれると嬉しいです。


朝ドラ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)