花子とアン 感想 「生きている証」 9月11日










昭和19年夏、美里たちは、甲府に疎開しに来た。

美里と直子は、甲府の小学校に転校すること
になり、ハナはまだ甲府にいた。

畑の仕事をした、という子供たち。
朝市が子供たちに教えたという。

英語を使う吉平に、リンは、安東家は近所から
冷たい目で見られていると言う。
朝市が注意するが、本当のことだとリン。

それは、ハナが翻訳に携わっていることも
あってのことだった。
しかし吉平は、言いたいヤツには言わせておけと。
そのうち石を投げられると言うリン。

美里は、村岡家に、石を投げられた、と言い、
吉平は、それに驚いて、リンも黙り込んだ。

ハナは、身支度をして、東京へと戻ろうとしていた。
米と味噌を持っていけ、と吉平、フジ。
葡萄酒も渡す吉平に、遠慮するハナ。

しかし、何かあった時に役に立つかも
しれないと吉平は、ハナに葡萄酒を持たせる。

近所の子が遊びに誘いに来て、直子は遊びに行き
美里は行かないと言った。

東京に帰りたい、と言う、美里は不安げだった。

そんな美里に、東京の友達も疎開してしまっている。
ここで美里も友達を作った方がいいとハナは説得。

お手紙を書くから、と言うハナに美里は納得した。
美里は心配げに、ハナを見送った。

東京、白い米を久しぶりだと益田はつぶやく。
戻ってきたハナは、ちょっと疲れたと言う。
先に休む、とハナは言い、そのまま倒れてしまった。

すごい熱を出しているハナ、ジフテリアに感染している
という医師に、英治は驚く。

心臓マヒなどを起こす感染する病気で、ハナは
隔離されて、寝込んでしまった。

電報で、ハナが病気だと知る吉平、フジ。
美里も、それを知るが、手紙で強がりの言葉を残す。

美里の手紙を読むハナ。
元気でやっている様子の
美里に、ハナは、安心する。

しかし、甲府の学校で美里は、馴染めずにいた。
フジは、心細かったんだね、と美里を抱きしめる。

英治は、ハナにおかゆを持ってきた。
何か欲しいものはない、と聞く英治に、
「赤毛のアン」の原書を求めるハナ。

気分がよくなったら読んで、と英治が紙を置く。
それを読むと、その内容は、英治から、ハナへの
一緒に暮らしながら会えないというラブレターだった。

二ヶ月経ち、病状が落ち着いた頃、空襲のサイレンが
鳴りはじめた、モモが逃げようと、言う。

辞書が、と言うハナに、モモが持ってくると言った。
「赤毛のアン」の原書を大事に持つ、ハナ。
モモとハナは近くの防空壕に避難する。

真っ黒になった雲、それをモモと見つめるハナ。
ついに、東京が空襲に襲われはじめた。
そこで、ごきげんよう、さようなら。









村岡花子さんがジフテリアに感染したのは
史実だそうですね。

ジフテリアとは、当時はよくかかる病気で
感染の疑いがあるものであり、ドラマで医師が
言った通り、神経麻痺や心臓麻痺などを起こす
病気だそうですね、喉などから感染するようです。

村岡花子さんは、その病気でやせ細ってしまう
という史実が残されています。

英治さんからの愛のこもったラブレター。
同じ家にいながら、隔離されたハナを案じ
しかし、側にいれないことを悔やみ、隔たれた
障子が憎いという文章に、感激しました。

やはり、いい旦那さんですね、英治さんは。
現代で、そういう旦那さんはいるのでしょうか。

一方、甲府では、美里ちゃんが、学校にも環境
にも馴染めずにいるようですね。
しかし、病気になったハナのために、強がりの
手紙を書くなんて、なんて良い子なのでしょうか。

直子ちゃんはまだ小さいから、甲府に馴染んでいる
のでしょうね、美里ちゃんはずっと東京にいたため、
田舎の環境には馴染めずにいるのでしょうか。
両親に会いたいでしょうね、仲良い家族ですから。

ついに、東京で空襲がはじまってしまいました。
まだ、病気が治りきってないまま、モモに助け
られ、辞書と、「赤毛のアン」の原書を
大事に抱え、防空壕に非難するハナ。

その姿に、心を打たれました。
ハナは、どれだけ、「赤毛のアン」の原書に
強い思いを持っているのか、翻訳という仕事に
強い情熱を持っているのか、病気でありながらも
大事そうに抱える、「赤毛のアン」の原書、
「グリーン・ゲイブルズのアン」に思いを
持っているのか、伝わりました。

仕事に行っていた英治さんや、益田さんは無事でしょうか。
カヨは、無事でしょうか。
連子さんは、他の人たちは?
心配でたまりません。
明日もまた、楽しみです。








感想、あらすじ、気に入ってくれたらどちらかにポチっとしてくれると嬉しいです。


朝ドラ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

おはよう御座います
花子とアン戦争中ですね、自分にはちょっと
遅すぎましたが、家の片隅に防空壕がありました、
戦後はそのまま残して冬になると大根など野菜を
凍らないように入れてたよな話しの記憶が有ります。

ところで雨被害は大丈夫でしたか、千葉の方も
局地的に激しい雨でしたが、私の所は小雨程度ですが、

石巻市の雨被害もTVで見てます、まだまだ続く
異常気象にどこに居ても安心が出来ませんね、
お気を付け下さい。
  • 2014/09/11 09:51
  • my.rei7
  • URL
  • Edit
my.rei7様へ
そちらの雨被害は大丈夫でしょうか?
こちらは、雨は降っていますが、
大きな被害は今のところありません。
各地でまた豪雨の被害が出ているので
心配ですね、何もないことを祈ります。

こちらにまでコメントありがとうございます。
防空壕まだ残っていたんですね。
自分も子供のころ、祖父の家の側にあった
記憶が残っています。
今は、あまり、残っていることは少ない
のではないかと思います。

戦争で、大変なことになってしまっている
花子とアンのドラマ、東京。
戦争の悲惨さを、思い知り、これから
村岡花子さんは、どう「赤毛のアン」を
翻訳していくのでしょうか。
最後まで後少しですが、見続けたいです。

訪問、コメント、ありがとうございました。
こちらの感想にまでいただいて、嬉かったです。
  • 2014/09/11 16:35
  • rupuria
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)