花子とアン 感想 「新しい家族」 8月29日





テルがお国預かりになってしまった。
美里が何度も帰ってくるのかハナに聞く。
ハナは、テルはお仕事が終わったら
帰ってくると、言ってしまった。

美里がいい子にしていたら、帰って来る?
そう聞く美里に、ハナはそうね、と言う。
美里は、沢山、いい子にしていると言った。

テルの事ばかり気にする美里、寝る前に、
テルは今、どこにいるのと美里は聞いてくる。

英治は、兵隊さんたちと一緒に、
海の向こうに行くために、港にいると言う。

お国の役に立つために、遠い場所に行く
テルはお船でご飯食べているのかな、と美里は心配。
ハナは、兵隊さんたちに可愛がってもらっていると
話すと、やっと落ち着いたように美里は眠った。

テルのことばかり心配する美里に、ハナたちは
ごまかすことしかできなかった。

ハナはあんな事を言ってしまった、と英治に
言うが、美里のために仕方ないと英治は呟く。

美里は、テルが帰って来るかもしれないと、犬小屋
を見つめ、テルの絵を描き、テルをずっと待っている。

吉太郎がやってきた。
美里に吉太郎はお饅頭を渡す。
ハナに頼みがあると、吉太郎。

上官のために、ハナにサインを求めてきた。
ラジオのファンだという上官に、ハナは嬉しいと言う。
東京放送局に行くハナ、吉太郎と美里は一緒に遊ぶ。

モモと吉太郎は、美里の面倒を見る。
吉太郎は、テルのことを尋ねると、兵隊さんのところに
お仕事に行って、戻って来ると美里。

それを聞いた吉太郎は、テルはお国のために、兵隊の
ために働きに行って、戻って来られないかもしれない
と言ってしまう。

美里は、もうテルは戻って来ないの?
と吉太郎に、美里は嫌だと泣きはじめる。

放送局では、ハナは浮かない顔をしていた。
部長は原稿さえ読み間違えなければいいと厳しい。

黒沢が、動物の話しを持ってきた。
有馬は放送が厳しくなっているから、原稿を正しく
読むのが当然だと苦言。
ハナは頷きながら、マイクに向かう。

美里は、テルのことで元気がない。
ハナのラジオを聞こうとしない美里を、英治は
促すが、美里はテルのことで頭がいっぱいだった。

ハナは犬が功労賞を貰ったことをラジオで話す。
兵隊さんの役に立ったと話しはじめるハナ。
すると、美里がラジオに近づいてきた。

ハナは途中で、犬をテルに変えて、テルは
立派に働いたと言ってしまった。
美里はそれを聞いてテルだ、と嬉しそうに言う。

しかし、東京放送局の人たちの目が厳しい。
突き刺さるような視線に、ハナは黙り込む。
そこでごきげんよう、さようなら。











ハナは、美里ちゃんのために、嘘をついて
しまいました、しかも全国放送で。
東京放送局の人たちが怖かったです。

美里ちゃんのために嘘をついてしまったのは
仕方ないですが、全国放送ではダメでしょうね。
いくら母として、と言ってもこれはいただけません。

犬のことをテルちゃんにして、美里ちゃんの
ために窮地にハナは立たされてしまいました。
ハナは、この後、どうするのでしょう。

美里ちゃんは、テルちゃんと一緒に育った
ので、テルちゃんが心配でたまりません。
そんな美里ちゃんを見て、母子心により、
嘘をついてしまったハナ。
真実を告げてしまった、吉太郎さん。

テルちゃんがもう、戻って来ないと言う
吉太郎さん、それに泣き出す美里
ちゃんがすごく切なかったです。

美里ちゃんのためとはいえ、嘘をついた
のはいけないことだと思いますが、ハナは
美里ちゃんだけじゃなく、全国の、引き取られて
しまった、家庭の一員でもあるペット犬のために、
嘘を言ってしまったのでしょうね。
子供たちのことを、何よりも考えるハナですから。

ハナはどう窮地を乗り越えるのでしょうか。
東京放送局の人たちは、ハナをどうするのでしょうか。
心配でたまりません。
明日もまた、楽しみです。

朝イチには、土屋太鳳さんが出ていますね。
懐かしい場面が出てきて、もうすぐ花子とアン
が終わっちゃうんだなぁ、と寂しくなります。
土屋太鳳さん、可愛いですね。






感想、あらすじ、気に入ってくれたらどちらかにポチっとしてくれると嬉しいです。


朝ドラ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)