花子とアン 感想 「海にかかる虹」 8月15日






ハナがいなくなり、まず英治はカヨのところへ行った。
カヨはハナを見ていない、というと、次は連子さんの所へ。

連子さんも、見ていない、と。
英治は他を探そうとすると、連子さんの姑、ナミコが、
早まったことをしなければいいけど、と呟く。

それを聞いた連子さんは、英治に、私も一緒に探すと。
村岡家に戻ってきた英治と連子さん。
村岡の父に、戻ってきましたか、と聞くと首を振る。

すると、ハナが、「お話しを聞かせて」と子供たち
に言われながら、歩いてきた。

ハナは、英治と連子さんに、戸惑いながら、朝早く
目が覚めて、散歩をしていたら、この子たちが、と呟く。
それを見た村岡の父。

ハナは、歩が大好きだった雲のお話しを途中までする。
しかし、続きを話すことができず、子供たちに、続きは
また今度、と子供たちは、歩君、いないね、と言いながら
帰って行く。

その様子を見ていた、英治、連子さん、そして、村岡の父。
村岡の父は、英治を別な場所に呼び出し、このままでいいのかと。
郁弥を失った時、自分も一緒に、郁弥のところへ行こうとした。
ハナを救えるのは、英治だけじゃないか、ちゃんと話せ、と助言。

英治は、それに頷き、ハナに、もしかして、自分を置いていく
つもりじゃなかったのか、とハナに尋ねる。
ハナは、仕事なんてしなければよかった。
歩を海に連れて行ってあげればよかった。
あんなに、歩が楽しみにしていたのに、
自分が仕事をしていたから。

そう呟き、涙を流すハナに、連子さんは、行きましょうと。
歩が行きたがっていた、海へと。
英治と連子さん、ハナは、海へと足を運ぶ。

そこで、ハナは、自分の罪を吐き出す。
仕事なんかしなければ、歩はもっと幸せだった。
仕事なんてなければ、歩をもっとちゃんと見てやれた。

自分なんかの子供に産まれなければよかったと。
号泣するハナに、英治はそれは違うと、きっぱりと否定。

吉太郎に、歩が話していたことを、英治は聞いていた。
神様に、歩がお願いをしたのだと。
雲の上から、辞書をひいて、忙しそうにしているあの人の
ところに行きたいと。
その話しを聞かせると、歩が・・・と、ハナは放心する。

英治は、ハナが母親になることを、歩が選んだと。
ハナに似て、想像のツバサが歩には広くあって、そのせいだと
思ったが、今は違うと思う、本当に、歩が、ハナを選んだ、歩は
ハナが母親で幸せだったと言った。

そう聞いたハナは、泣きはじめる。
歩が話した、雲が虹になるという言葉、シーンを回想するハナ。
すると、連子さんが、ハナを呼び、空を指差す。
空には、虹があった。

アーチを描いた、歩の虹。
その虹を見つめながら、ハナは、英治さん、と呟く。
もっと忙しくなってもいいかしら、歩にしてやれなかったことを、
他の子供たちにしてやりたい。
童話を書いて、翻訳して、沢山、子供たちを喜ばせたいと告げる。

英治は、もちろん、賛成だと言い、ハナを抱きしめる。
そんな様子を見つめる連子さん。
ハナは、虹に向かって、ありがとう、歩、と呟いた。

そして、物語を書きはじめる。
雲と虹の物語を・・・歩の、童話を。
そこで、ごきげんよう、さようなら。














BSで見れたので、感想を本日書きます。

ハナは、海に行ったのではなく、彷徨っていた。
郁弥を失った悲しみがわかるからこそ、村岡の父は、
英治さんも辛いだろうけれど、ちゃんと話せと言いましたね。

村岡のお父さんは、郁弥さんを失って、本当に、辛い思いを
して、何もやる気がなくなってしまっていましたから。
誰よりも、親が子を失った気持ちがわかるのでしょう。

英治さんだって、同じなはず。
けれど、母でありながら、その母としての役割を歩君に
注いでやれなかったことを、ハナは悔やんでいました、やはり。

史実では、歩君・・・息子を失ったのをきっかけに、本格的に
童話作家、翻訳家を目指した、と記してありました。
それは、歩君・・・村岡花子さんの、息子さんに、してやれ
なかったことを、他の子供たちに、するためだったのですね。

ドラマと史実はだいぶ違うけれど、重なるところは重なっています。
そこが、朝ドラらしい、「花子とアン」ではないかと思います。
歩君の虹・・・・・・実は、写真ブログの方で、虹を撮ったんです。
その虹を思い出して、号泣でした。歩君が虹の話しをしていた時から。

ハナが、立ち直るのは、やっぱり仕事でしかありませんね。
カヨだって、忙しくしていて、立ち直っているわけではないけれど、
郁弥さんが見ていてくれる、と思っています。
女性は、強いな、と思います。

今日は、朝遠出したため、夜になってしまいましたが。
夜のBSで「花子とアン」を見るのもなんだかよいな、と思いました。
土曜日やお昼にも繰り返し見ますが、あまり夜は見ないので。

でも、続きが気になるし、朝ドラなので、やっぱり朝見ます。
今日のうちに、感想が書けてよかったです。









朝ドラ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)