花子とアン 感想 「腹心の友ふたたび」 7月25日





英治は、冷静に話し合え、と伝助に諭す。
しかし、伝助は宮本を殺すかもしれない、と睨みつける。
宮本は、新聞の絶縁状の通りだと、伝助に告げる。

伝助は、宮本に、連子さんを好きになったわけじゃなく
石炭王の妻を奪い、伝助に吠え面かかせたかっただけ
じゃないか、と言うが、宮本は、違う、そんな事じゃない、
連子さんという人物を愛していると叫ぶ。

連子さんは、お金がかかるお姫さんだ、学生である宮本
に、連子さんを、養えるわけがないと言い切る。
連子さんを連れて帰る、という伝助に、宮本は、否定。
連子さんは、そんな人間じゃないと。

伝助は、連子さんを返せ、と宮本に掴みかかり、
暴れはじめ、とうとう、英治は、連子さんのお腹には
子供がいるということを、話した。

伝助は、それを聞いて、突然、笑い出す。
そして、紙に、判子を押し、金額は好きなだけ書けと。
宮本は、こんなお金は受け取らないと言うが、伝助は
これは、連子さんへの祝い金だと、告げ、帰っていく。
そんな伝助に、宮本は、連子さんはお金を受け取らないと叫ぶ。

甲府では、連子さんは、農家の手伝いをしようとするが、
突然、連子さんの具合が悪くなる。
慌てて、皆が心配する、歩が泣き出し、ハナはあやしはじめる。

嘉納家の番頭が届けにきた、と連子さんが持っていた品物
をテーブルに、英治が置く。
宮本の知り合いが、英治とハナの家に来ていた。
すると、郁弥がやってきて、ハナは何処に?と尋ねると、
英治は、甲府に帰っていると話す。

カヨもやってきて、宮本を郁弥は、不思議そうに見ながら、
何処かで見たと。
「カフェー」の常連だと、言った、その時、連子さんが
危険だという、電報が。

急いで、宮本は、甲府に行く。
郁弥は、事情をまったく知らない。
連子さんは、気丈に、大丈夫だと、言うが、皆は心配する。

吉平は、連子さんの旦那さんは、まだか、と歩をあやし
ながら、聞くと、リンは、電報を打った、そんなに早く
東京から来られるわけがないと、告げる。
フジは電報を打ったのか、とそのことに心配する。

郁弥は、何か隠しているんじゃないかと、カヨに。
カヨは、郁弥に、連子さんのことを話す。
事情を知る、郁弥。
電報を見る郁弥は、何故か、感動したと涙を。
産まれてくる命があるのだと、こんなに素晴らしいことはない。
そう言う郁弥に、カヨは、じっと見つめる。

連子さんを気遣う、ハナ。
連子さんは、お産ははじめてじゃないから、大丈夫だと。
甲府で皆に大事にしてもらって、幸せだ、と言う連子さんに、
ハナは、連子さんは、もう家族だから、大事にするのは当然
だと告げる。

ハナ連子さんに、絶対に、幸せになって、と言うと、
連子さんは、今度こそ、幸せな家庭を作ると告げた。
そこで、ごきげんよう、さようなら。









伝助さん、このドラマでは男ですね。
お金ですべてを解決しようとする、伝助さん。
子供が産まれる、と聞いた途端、笑い出し、もう
無理だと、連子さんは、帰ってこないと悟ったのでしょうかね。

やっぱり、伝助さん役の吉田さんの演技に、引き込まれました。
表情、感情の出し方すべてに、さすがベテランだ、と思わずに
いられませんでしたね。

郁弥さんは、何も知らなかったようです。
宮本さんに、何処かで会いましたっけ、と呑気に尋ねるくらい。
カヨが話した事情に、どんな思いで連子さんが、子供を産むのか
理解し、涙した郁弥さん。
優しい人ですね。
カヨと郁弥さんは、上手くいきそうな予感。

一方、甲府では、連子さんが、産気づいてしまい、
慌てる安東家と、ハナ。
すごく、連子さんを心配しているハナ。
お産は、はじめてじゃないから、と連子さんは、言い
ましたが、このドラマでは、伝助さんとの間に子供が
いないので、その前の結婚で、子供を生んだことを
言っているようです。

まるで本当の家族のように、連子さんに接する、安東家の
皆さんが、とてもよかったです。
ハナも、自分のことのように、連子さんを気遣い、それに
嬉しそうな表情を見せる連子さん。
家族の愛情を知らずに育った連子さんは、安東家は本当に、
家族のようなものなのでしょうね。

しかし、リンは、電報を打ってしまいました。
その電報が、もしかして、あの兄に・・・。
そう思うと、この先が、心配になります。

ここまで、ドラマで変えたのだから、連子さんには
このまま、今度こそ、幸せになって欲しいですが。
ここは、史実通りにいきそうな予感がしますね。

完全なる、史実とは別キャラになっている、嘉納伝助。
その役を演じきっている、吉田さんが、今回も、
素晴らしいです。

明日もまた、楽しみです。







あらすじ、感想、気に入ってくれたら、どれかにポチっとしてくれると嬉しいです。


朝ドラ ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)