心の整頓。

2016.01.30 (Sat)
整頓2


  ちょっと時間ができたら。

  空でも眺めて。

  心の整頓をする。

  時間が過ぎるたびに、
  色々なことが起る。

  これが人生だけど。
  今まで、心の整頓する
  余裕がなかった。



整頓1



   時間とともに、なんとなく
   過ごしてきた人生のなかで。

   さまざまなことを投げ出した
   ままだと。

   またはじまる別な困惑に、
   対処できなくなるから。

   時間があるたびに。

   花を、空を見て。
   
   心の整頓をする。

   なかなか難しいけれど。
   やらないよりは、心の整頓
   は、必要なのかな。




励みになるので、よかったら、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

遊びにきたよ。

2016.01.29 (Fri)
遊びにきたよ3


  今年もまた、翼を広げて、漂着。

  遊びにきたよ。

  いつもの場所に、冬の時期に。


遊びにきたよ2


  やがて、一羽が、たくさんになり。
  
  あっという間に、何もなかった
  沼が、賑やかになった。

  今年も訪問ありがとう。
  どうか、ゆっくりと遊んでね。
  そう思っていると。



遊びにきたよ1


  なんだか本当に遊んでいるように。

  面白いカタチで並びはじめた。
  楽しく遊んでいるよって。

  教えてくれるのかな。

  たくさん、遊んでいってね。
  また、その大きな翼を
  広げ、北へと飛立つまで。



※ 白鳥シリーズ、他と並行で
続きます。


励みになるので、よかったら、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



それがいいんだよ。

2016.01.27 (Wed)
それがいい2


  寒くて、雪が降って。
  外に出るのを嫌がるボクを。

  キミは、雪が降っているから
  いいんだよ、といいながら。

  手をひっぱって、雪が止んで
  見えてきた、澄んでいる冬空
  を教えてくれた。

  雪が止んだ後の空は、
  確かに悪くないけれど
  やっぱり寒いよ。

  寒い時は室内がいいと
  言うボクに。

  それがいいんだよ。

  何がいいのかわからないまま。

  キミは、自然に、ボクの片手
  にちょっと合わない小さな手袋。

  もう片手を、キミのコートに
  押し込んだ。




それがいい1


  見て、帽子をかぶっているよ。

  キミがそう言って見せた雪
  が積る風景に。

  ボクは、この子も寒いと
  震えているよ、と言ったら。

  それがいいんだよ。

  キミは、笑って、理由を
  説明してくれた。

  確かに、寒いし、雪に
  埋もれて冷たそうだけど。

  この子も、帽子を喜んで
  かぶっているんだよ。

  それがいいんだよ。

  何がいいのかわからくて。
  キミの言っているその理由
  とやらが妙におかしくて。

  ボクは、笑ってしまった。

  手は、キミのおかげで、
  あたたくなり。

  それがいいんだよ。

  そう言いながら見せてくれる
  冬景色に、寒がりのボクは。

  キミが好きな冬も悪くないかな、
  とキミの楽しそうな笑顔で思った。






励みになるので、よかったら応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村




本音を呟く。

2016.01.26 (Tue)
本音を1


   雪が残る、冬空に。

   いつものように、呟き
   ながら、シャッターを押す。

   本当はね。
   あの時、思いっきり泣きたかった。

   でもね、泣いたら、それで終り
   になる気がして。

   逆に笑ってやったんだよ。

   この本音に、空はよく
   笑った、それでいいと。

   応えてくれた気がした。

   本音はいつだって。
   心のなかに閉まっていたけど。

   心の解放は、風景と
   カメラに出逢ってから。
   はじまっていた。



本音を2



   花を見ながら、本音を呟く。

   本当はね、あの時。

   怖くて、逃げたかった。

   電車に飛び乗って。
   誰も知らないところに行って、
   逃避したかったけれど。

   今度は、向き合ったよ。
   現実は、いつも悲しいね。
   でも、悲しみだけじゃないね。

   そう呟くと、花は、逃げなくて
   正解だったよ、と応えたような
   気がした。

   本音は、いつだって、カメラ越しに
   呟いている。

   その本音に、応えてくれる風景
   があるからこそ。

   昔と今の自分は違うかもしれない。

   あなたたちのおかげだよ。
   やっぱり昔と違うね、と言われるのは。



励みになるので、よかったら応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


雪の戯れ。

2016.01.25 (Mon)
雪の戯れ1


  今日もまた、雪が降って。

  沼の池は、半分凍っている。

  雪が、戯れるように、舞っている。


雪の戯れ2


  雪と戯れるように、泳ぐ冬の
  鳥たち。

  彼らは、寒さなんてまったく
  関係ないように。

  楽しそうに、半分凍っている
  沼を仲間たちと一緒に
  過ごしていた。



雪の戯れ3


  仲良しな二匹は、見ていると
  ずっと一緒で。

  種類が違うようだけど、
  友達なんだね、と思った。

  そう思うと寒いのに、
  心が温かくなった。

  雪の戯れに。

  この風景も悪くないと。
  寒さに堪えながら、落ちて
  くる白さを見上げた。






励みになるので、よかったら、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


雲と雪で

2016.01.24 (Sun)
雲と雪で1


   この空のなかで、
   翼を見つけた。

   空にある雲は、
   これだから、面白い。

   寒い空も、楽しく見える。



雲と雪で3


   ほら、翼に見える。

   暗い雲だけれど。
   翼を広げ、空を飛んでいる。

   自由きままに。

   どこまでも行けるような翼の雲。



雲と雪で2


   雪の後、見つけた、この風景。

   カキ氷に見えた。

   いろいろな冬の楽しい風景。

   寒いなか、探すのも、悪くない。





励みになるので、よかったら、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村






水色月と、早咲き梅に。

2016.01.22 (Fri)
月と早咲き梅1


  夕陽が見えるまえに、もう。
  水色の空から月が見えた。

  冷える気温に、月が美しい。

  まだ、心に静かな悲しみは
  あるけれど。

  立ち止まりはよくない。
  あなたたちは、この月のまた
  向こうで、見ているはず。



月と早咲き梅2



   数歩ずつ歩くと。

   ようやく、早咲きの梅に出逢った。

   一週間前には咲いていなかった
   梅に、かすかに笑った。

   蕾は、やがてふくらみはじめ。
   冷える冬からあたたかな春へと
   過ぎゆく。

   立ち止まらない。

   笑って生きてみよう。

   あなたたちのことは、忘れる
   ことはないけれど。

   季節は、巡りはじめている。






※ご心配かけました。
次からはコメント開けます。
たくさんの励ましメッセージ。
ありがとうございました。





励みになるので、よかったら、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村




心吹く風

2016.01.20 (Wed)
心吹く風 1


   まだ、心に隙間風が、吹いている。

   大好きな夕陽を撮っても。
   何かが足りなくて。

   あちこち、視線をさまよわせ。
   誰かを探している。

   心吹く風は、冷たく。
   冬の風に、あおられ、髪を
   揺らし、そっとカメラを撫でる。


心吹く風 2


   あなたたちの時間は止まって
   しまったかもしれないけれど。

   今日見た、新しい花に。
   次の季節を感じた。

   心吹く風は、冷たさに、ひびいて。
  
   ただ、ぽっかりと開いた、心の
   なかに、吹くけれど。

   その風が、時折、あたたかくもある。

   心吹く風に、ゆらされ。
   また、はじまる日常に。

   あなたたちの優しい笑顔が、
   そっと、記憶に刻みはじめて
   いることを告げた。



※ 葬儀などがようやく終りました。
しばらく、まだ、コメントは閉じさせて
いただきます。
コメントくれた人たちにお礼を申し上げます。



励みになるので、よかったら、応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村




まだ、泣かない。

2016.01.18 (Mon)
まだ、泣かない2


   彼が好きな色は、白だった。

   彼と言い合いばかりをしていた
   くせに、彼女の庭には、白の花が
   咲いていて。

   彼は、たまにわたしを連れて、
   見事だろう、と自慢げに言った。

   彼女は、彼と長い時間を過ごし。
   彼もまた、同じように、わたしの
   知らない世界を、彼女と生きてきた。



まだ、泣かない。



   彼が好きなのは、青空だった。

   夕陽が好き、と言うわたしに、
   夕陽は寂しい、と呟いた。
   でも、色は美しいと言って。

   わたしの頭を撫でて、好きなものが
   あることはよいことだ、と言った。

   まだ、彼とのお別れは終ってない。

   明日、明後日、儀式があるけれど。
   本当のお別れは、まだまだ先。

   彼女ともまだ、完全なるお別れを
   していない。

   だから。
  
   まだ、泣かない。

   彼と彼女が、仲良く一緒に、仲間
   たちを声をあげて、笑っているのが
   見えているうちには。



励みになるので、よかったら、応援よろしくお願いします。



教えてもらったもの パート2

2016.01.16 (Sat)
教えてもらったもの-2


  彼が空へと、土へと帰った次の日。

  暖冬の今年、はじめて雪が積もった。

  まさか、雪が降るとは思っていなくて。
  寒さのなか、彼がいつも散歩していた
  場所を歩いていた。

  彼は、この場所を教えてくれて。
  たくさんの、生き物があると
  教えてくれた。

  怖がるわたしに、生きている
  のだから、怖くても、触れなくて
  もいいから、見ていなさい。

  そう教えてくれた。



教えてもらったものー2


  彼には、太陽がよく似合った。

  この色もよく似合い、服も、
  同じ色をよく着ていた。

  太陽と笑顔が似合う、彼。

  彼には、まだまだ、教えて
  もらいたいことがあった。

  彼は、彼女の元を選んだ。
  だから、今は静かに。

  彼が還る時を迎える。



励みになるので、よかったら、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


back-to-top